がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


丸山ワクチンとは、どう違うのですか?

丸山ワクチンには、癌抗原を含んでいないので、免疫力を全体的に上げる治療です。
癌を標的として認識させる自家癌ワクチン療法と全く異なります。

キノコによる免疫「アガリクス」「メシマコブ」などと違うのですか?

これも、免疫力を強化する作用でありますが、癌細胞を特別に認識させてないので、癌細胞が標的とならない可能性もあります。

癌細胞を使ってワクチンを作りそれを注射するので、癌細胞を身体に増やす危険性はありませんか?

使用する癌細胞は、強力な固定剤であるホルマリンで完全に不活性化して、粉砕しますので、体内で再び増殖する可能性は全くありません。

自家癌ワクチンを接種するとなぜキラーT細胞が活性化するのですか?

まず、接種した癌細胞抗原の異常目印(TAA)が、樹状細胞に取り込まれ、樹状細胞はこの細胞抗原をヘルパーT細胞に提示して活性化し、それがキラーT細胞を刺激します。キラーT細胞はTAAを目印に癌細胞を見つけ出し、癌細胞だけを殺傷するのです。

自家癌ワクチンは、どんな癌にも効果がありますか?

いずれの癌にも効果があります。狙った癌細胞を殺すキラーT細胞をうまく活性化出来ればどんな種類の癌細胞にも効果が期待できます。

自家癌ワクチンの効果はどのくらい続きますか?

癌細胞に対する異常目印(TAA)は、メモリーT細胞に記憶されますので、これが何回でもキラーT細胞を刺激して活性化→増殖させるので、かなり長期間効果は持続します。

自家癌ワクチンが効かない癌はありますか?

胃癌の中で、スキルス型の未分化癌の進行した末期の症例で無効でした。

現在受けている癌治療と同時に行うことが可能ですか?

自家癌ワクチンは免疫を強化して癌を治療するのですから、強い抗癌剤を使用する場合、骨髄やリンパ節などに行う放射線治療の場合以外は、同時治療が可能です。

自家癌ワクチンの治療成績について科学的根拠がありますか?

肝癌の術後再発抑制効果など、詳細なデータが権威のある米国癌学会の公式学術誌に掲載されています。
(Clinical Cancer Research,10:1574-1579,2004)

ページトップへ