がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


パーキンソン病

パーキンソン病

パーキンソン病の根本原因は未だ不明ですが、中脳の黒質にドパミン神経が減少していることが明らかになっています。その為に円滑で迅速な運動が出来ない症状が現れると考えられます。
このドパミン減少の原因は不明のままですが、活性酸素消去酵素であるグルタチオンの減少が関わっていることが最近の研究で明らかになりました。そこで原因治療として高濃度グルタチオン点滴療法が一部で始まり効果をあげています。
さらに血液クレンジング普及会・研究会がパーキンソン治療に血液クレンジング療法が極めて有効であることを発表し大きな話題になっています。

グルタチオン点滴療法によるパーキンソン病治療

グルタチオン点滴療法前

グルタチオン点滴療法後

ページトップへ