がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


脳神経疾患と心

(認知症、脳動脈瘤、顔面神経麻痺、突発性難聴、慢性疲労、自律神経失調症、鬱や摂食障害、低血糖、線維筋痛症など・・・)

脳神経疾患と心

脳神経の疾患は複雑なものが多く、症状もまちまちです。しかし共通して言えることは、脳の血流を確保して十分な酸素供給と活性化対策などです。分子栄養療法での栄養補正、そして、時に有害ミネラルによる脳の代謝障害や、胃腸イーストやバクテリアによる代謝物による脳神経が原因となる事が、最近報告されています。したがって、それらについて検査し、原因治療に結びつけることが大切です。今まで放置された細胞レベルでの代謝異常を解決することが次第に可能になっています。

検査

フードアレルギー検査、有機酸検査、酵母菌検査、メタル検査などのバイオロジカル検査を中心に行います。これにより脳内での分子レベルの代謝が明らかにされ、病気の原因を取り除く事も可能になります。

治療法

脳や心の疾患について、バイオロジカル検査で明らかになった原因を一つ一つ取り除くことで、症状が軽快する症例が多くみられます。原因を取り除く治療としては、分子栄養療法、抗炎症療法、抗メタル療法、などのバイオロジカル療法が中心となります。
脳動脈瘤、顔面神経麻痺、突発性難聴などは、通常脳血流改善や神経賦活治療などが中心となり、血液クレンジング療法とサプリメント療法が行われます。

ページトップへ