がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


生活習慣病予防

(肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、その他)

運動不足、食事の偏り、ストレス、睡眠不足など、肥満を増長させる要因が沢山あります。内臓脂肪の蓄積で脂肪細胞が肥大化すると、その脂肪細胞から、悪いホルモンや伝達物質が分泌され、高血圧、糖尿病、高脂血症などの病気が次つぎと出てきます。
したがって、生活習慣病対策の最初は肥満の解消から始まります。

予防のための検査

肥満の状態を知るために、まずボディーバランス検査をします。体の部位別の脂肪や筋肉の量の測定や、基礎代謝などを測定します。栄養療法検査で、栄養バランスを調べて、代謝がきちんと回るようにします。また、両親から受け継いだ遺伝子を細かく調べて、体質を分析します。これにより遺伝子的にリスクがあれば生活習慣の中でリスクを避けることが可能になります。その他、痩せるために、体内の毛髪ミネラル検査やホルモン検査が大切です。

予防のための治療

治療法:血液クレンジング療法、痩身点滴、キレーション・デトックス療法、ホルモン補充療法、脂肪溶解施療(メソセラピー)

代謝を上げるために、血液クレンジング療法が役に立ちます。肥満が高度な場合は、3ヶ月程度の短期間ホルモン補充療法も有効です。
食事、運動指導があり、痩せるためのサプリメントも服用したします。
高血圧、高脂血症、糖尿病などの治療を要する段階の人は予防でなく疾患治療となります。

検査・治療 コース一覧表

コース一覧表
  基本コース 通常コース 安心コース
ボディーバランス検査
栄養療法検査
毛髪ミネラル検査  
ホルモン検査    
血液クレンジング療法
痩身点滴  
キレーション・デトックス療法    
ホルモン補充療法    
脂肪溶解施療(メソセラピー)    
サプリメント

ページトップへ