がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


究極のパーソナルセラピー

自家がんワクチン療法

自家がんワクチンとは、手術をした患者さまのがん組織を材料として
作製するワクチンのことです。その患者さまのみに有効なワクチンで、
もし身体にがん組織が残っている場合、そのがんを識別して攻撃します。
正常細胞は全く攻撃の対象にならないので、副作用はありません。

適応部位

自家がんワクチン療法とは

自家がんワクチンとは、手術をした患者さまのがん組織(病院で保存しているホルマリン固定組織、またはパラフィンブロック内の組織)を材料として作製するワクチンのことです。その患者さまのみに有効なワクチンで、もし身体にがん組織が残っている場合、そのがんを識別して攻撃します。
正常細胞は全く攻撃の対象にならないので、副作用はありません。
究極のパーソナルセラピーと言って良いでしょう。

適応する症状

・がんの治療

副作用の少ない方法でがんを治療したい方に最適な治療法です。化学療法や放射線治療でも症状が改善されなかった末期がんの方、緩和病棟を勧められた方、化学療法の副作用に耐えられない方、免疫細胞療法などの免疫療法を更に強化したい方などが、心身の負担を感じることなく治療を進めることができます。

・がんの再発予防

がんで手術をした方には、約70%くらいの割合で再発が見られます。再発した場合は治療が困難になり、治療の選択肢も限られます。自家がんワクチン療法は、再発を限りなくゼロに近づけることが可能です。手術後、摘出したがん組織を2グラム程度使うことができれば、ワクチンを作製できます。
再発を危惧しながら過ごす10年間から開放されることでしょう。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

効果・効用

自家がんワクチン療法では、がん細胞と戦うキラー細胞(リンパ球)を効率良く体内誘導することでがんを治療する仕組みです。ホルマリン固定がん組織から作製した自家がんワクチンは、主に細胞傷害性Tリンパ球という、がん殺傷能力が高い細胞を誘導します。この細胞傷害性Tリンパ球は、正常細胞とがん細胞を区別し、がん細胞だけを認識して攻撃します。そのため、狙ったがんだけを正確に殺すことができるのです。

治療の流れ/ 投与量・投与方法について

ワクチン療法の効果は必ずしもすぐにわかるわけではありません。ワクチン接種3回と前後の検査2回、計5回注射による投与を行い、ワクチン接種前と後で接種後の皮内反応を比較します。これにより、自己の腫瘍に対する免疫反応の変化を推測します。

1.免疫反応テスト(1)

自分のがん組織に対する免疫反応の有無を見る目的のテストを行います。右前腕内側の皮内にあらかじめ処理したがん組織の一部を注射します。

2.ワクチン投与(1回目)

免疫反応テスト(1)の2日後(48時間後)、発赤の直径を測定し、撮影を行います。続いてワクチン(1回目)を左上腕の皮内の5ヶ所に注射します。

3.ワクチン投与(2回目)

1回目のワクチン投与から1~2週間後に、右上腕皮内にワクチンを5ヶ所注射します。

4.ワクチン投与(3回目)

2回目のワクチン投与から1~2週間後に、今度は左上腕皮内にワクチンを5ヶ所注射します。

5.免疫反応テスト(2)

3回目のワクチン注射の2週間後、左前腕内側の皮内に再度免疫反応テストを行います。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

副作用について

副作用はありません。

料金

自家がんワクチン療法 自家がんワクチン療法3回セット 1,410,000円(税抜)
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

ページトップへ