がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂AAクリニック 腫瘍内科 医療法人健若会


免疫細胞療法

免疫細胞療法は4番目の治療として注目されています。

外科手術、化学療法(抗癌剤)、放射線療法等の従来の癌治療の3大療法の他に、4番目の治療として注目されているのが、強力で副作用の少ない免疫細胞療法です。癌細胞だけをターゲットに攻撃するので副作用はありません。

一般に、癌患者様の免疫細胞の活性は、健康な人と比べてかなり低下しています。これでは、体の中で癌細胞と戦っている免疫が負けてしまいます。
そこで免疫細胞療法では、採血した血液中の免疫細胞(リンパ球)だけを体外で培養し、数の増えたリンパ球を独自の方法で活性化させ、点滴で体内に戻す治療をします。応援部隊の投入により体内の免疫力は強化され、癌細胞に対する攻撃力が強化され、癌細胞を殺傷し「がん」の増殖や進行を阻止するのです。

免疫細胞療法の6つの特徴

  • ほとんど全ての種類の癌に有効。
  • 早期癌から進行癌まで、ステージに関係なく有効。
  • 副作用は殆どなく、身体に優しい治療。
  • 耐性が生じないので、効果の持続が可能。
  • 他の癌治療との併用は相乗効果。
  • 体力の回復を促しQOLを改善させる効果。

当院での免疫細胞療法の種類

当院では複数の免疫細胞療法を提供いたしております。患者様の腫瘍の性質や進行状況などを検討して、患者様にもっとも適した免疫療法を選択することが可能です。

多種類の免疫療法から、医師がお話しをお聞きして、診察をして、貴方様にどの免疫療法がもっとも適しているかをお話しいたします。それを参考にされて、ご自分で選んでください。

(1) BAK療法

NK細胞を極めて多数投与

(2) 5種複合免疫療法

多種類の免疫細胞を投与

(3) 高活性化NK細胞免疫療法

NK細胞を投与

(4) 活性化リンパ球免疫療法

キラーT細胞を投与

(1)BAK療法 最先端のがん免疫治療療法

極めて大量(100億個)のNK細胞を投与します。

BAK療法の特徴

  • 投与するNK細胞の癌細胞を認識する精度が従来より格段に向上しました。
  • 投与するNK細胞の数が圧倒的に多く、約100億個以上。
  • 投与するNK細胞は、正常細胞を攻撃しないので副作用が殆どない。
  • 免疫細胞増殖に優れた無血清培地の発明で、細胞増殖が格段に向上し、感染の危険性排除に成功。
  • 培養に使用した薬剤はすべて除去するので安心。
  • BAK療法は、体力が消耗した方でも、安心して受けられる。

免疫細胞増殖に優れた無血清培地の発明で、格段の細胞増殖と感染の危険性排除に成功

BAK療法で使用する無血清ALyS-BAK培地は、細胞増殖機能に極めて優れ、免疫細胞を100億個以上増殖させる事が可能です。更に、人血清を使用しないため、未知のウイルスやマイコプラズマ等の感染の危険性が無くなりました。

使用した薬剤はすべて除去した状態で患者様に投与するので、副作用の心配がありません

培養の最終段階で活性化処理に使用する薬剤は全て取り除き、患者様の免疫細胞のみを戻しますので安心です。

NK細胞が癌細胞を攻撃している顕微鏡写真
NK細胞が癌細胞を攻撃している
顕微鏡写真

治療のながれ

  1. 問診、採血(約1時間、採血量は約30ml)
  2. 免疫細胞の培養(約2週間) 培養センター(きぼうの杜クリニック所属)
  3. 点滴投与(約1時間)

※【採血】→【培養】→【点滴投与】で1回投与できます。これを月に1~2度行い、12回を、1クールとします。

BAK療法 治療データ

がん治療 免疫細胞「BAK療法」は治療データ(2012年1月現在)が公開されています。全固形がんのBAK療法を実施した延命月の比較です。(仙台微生物研究所データより掲載)

効果が認められたケース(有効)

高度進行がん ステージ4 並びに手術不能 ステージ3 の患者さん α1-AG96mg/dl未満
(余命3ヶ月から6ヶ月と告知された方が大半)

効果が認められたケース(有効)
がんの種類 患者数 平均延命月
肺がん 62 43.9
大腸・直腸がん 43 35.4
乳がん 42 56.9
胃がん 25 25.5
頭頸部がん 21 48.6
卵巣がん 15 43.7
前立腺がん 14 51.8
子宮がん 12 61.3
腎細胞がん 9 59.9
膵がん 9 19.8
食道がん 8 62.4
膀胱がん 7 41.3
その他 15
全固形がん 282 45.0

効果があまり認められなかったケース

化学療法などにより、免疫力が極端に落ちた免疫抑制末期がん患者さん α1-AG96mg/dl以上
(余命3ヶ月から6ヶ月と告知された方が大半)

効果があまり認められなかったケース
がんの種類 患者数 平均延命月
肺がん 34 6.2
その他 85
全固形がん 119 7.3

α1-AG値を96 mg/dl未満・以上に分けると上図のように、同じ高度進行がん(ステージ4並びに3)でも免疫状態が残っている人では、がん治療 免疫細胞「BAK療法」に反応し非常に優れた延命効果が得られます。

手術後の再発予防効果

手術後再発・転移予防のためにがん治療 免疫細胞「BAK療法」のみを実施した結果、再発者は全くなく約8年を経過。がん予防としての効果も絶大です。

手術後転移無し進行がん ステージ2 患者様

術後転移無し進行がん ステージ2 患者様
がんの種類 患者数
子宮がん 5
胃がん 4
卵巣がん 3
肺がん 3
大腸がん 3
乳がん 2
舌がん 2
子宮筋腫がん 1
膵がん 1
咽頭がん 1
直腸がん 1
食道がん 1
膀胱がん 1
全体 28

がん末期に効果はあるのか?

がん末期という言い方では、その方の病状はわかりかねますが、余命宣告やステージ4などという想定でご回答いたします。まず、BAK療法は血液を培養するため、血液中にがん細胞がある白血病など血液のがんには残念ながら適用になりません。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス陽性の肝臓がんに関しては針刺し事故など医療関係者、培養関係者への感染の可能性があるので行なわない場合もありますが、BAK療法は血液がんを除くすべての固形がんに適用できます。

ステージ3・4という高度進行がん患者にBAK療法をおこなった結果、同じ高度進行がんでもa1AGが96未満でまだ免疫力が残っている患者さんは、高い延命を得ることが出来ます(下図参照)。また高度進行肺がんに対する科学療法の延命は、約6ヶ月とされていますが、BAK療法では平均43.9月となり、特に点滴静注でリンパ球が最も早く到達する肺がんには効果的です。今後、肺がんの治療法として期待されています。

しかし、a1AGが96以上の患者さんは、免疫状態が悪く末期患者というべきで、延命効果を得ることはできません。
※a1AG... 血清中の酸性糖蛋白のこと。

BAK療法

免疫細胞療法(BAK療法) 価格表

BAK療法 価格表
BAK療法 1回 ¥ 230,000.-
12回(1クール) ¥ 2,575,200.-
(-7%OFF)
8回(2/3クール) ¥ 1,734,400.-
(-6%OFF)
その他 1回毎に管理費 ¥ 42,000.-
1回毎に輸送費 ¥ 2,700.-

温熱療法との併用をお勧めします。

当院で行っていますマイルド波動療法は、免疫力の増強作用と癌細胞の抗原性をアップしてリンパ球の攻撃を受けやすくする作用があります。免疫細胞療法との相性がとても良い療法で、効果を相乗的に増強させます。

(2)5種複合免疫療法

5種類の免疫細胞が共同で戦う究極の免疫療法。

進行した癌細胞は、免疫機構を上手に避ける術を備えているので、どんどん大きくなり進行します。この「避ける術」を破壊する為に研究開発されたのが5種複合免疫療法です。「NKT・NK・γδT(ガンマデルタティー)・キラーT細胞・樹状細胞の5種の免疫細胞を体外で増殖・活性化させた複合免疫療法」です。5種類の免疫細胞を増殖させ活性化することによって、免疫機能を再構築させ、癌細胞を逃さずに攻撃を加える事に成功したのです。

5種複合免疫療法の特徴

  • 独自の技術で開発した5種複合免疫療法は、他の細胞療法より高い治療効果が期待できます。
  • 副作用が少なく精神的・肉体的負担がありません。
  • 他の癌治療と併用することによって、さらに効果が期待できます。手術前後の放射線治療や抗癌剤との併用、抗癌剤の副作用の軽減、生活の質の改善が期待できます。
  • 再発・転移した難治性の癌にも対応できます。
    (一部の白血病、一部の悪性リンパ腫を除く、ほぼ全ての癌)
  • 再発・転移の予防にも効果的です。
  • 治療は入院の必要がありません。
    通院による治療を行いますので、患者様が現在の生活のリズムを変更することなく治療することが可能です。
  • 治療有効率60%
    直近の163名の成績は、有効率60%(完全・部分寛解 22%+長期不変 38%)です。一部の白血病、一部の悪性リンパ腫を除く、ほぼすべての癌に対応します。難治性の癌や進行した癌にも対応します。

(3)高活性化NK細胞免疫療法

NK細胞は「殺し屋」の異名を持つ精鋭免疫細胞です。

NK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中でも中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞や癌細胞に結合して強力に殺傷します。毎日発生する癌細胞の芽をいち早く発見して殺傷してくれます。癌患者様は一般的にNK細胞活性が低下していることが多く、癌細胞を増殖させる原因にもなっています。そこで、免疫細胞療法では、血中のNK細胞を体外で約1000倍に増加させて、体内に戻して免疫を強化して、癌細胞を攻撃させるのです。

高活性化NK細胞免疫療法の治療効果

  • 完全寛解(CR):画像上、腫瘍消失が4週間以上の場合。
  • 部分寛解(PR):腫瘍の断面積が1/2以下に縮小した場合。
  • 長期不変(SD):増大も縮小もしない期間が6カ月以上継続した場合。

この3つの状態を加えたパーセンテージを有効率としています。

この療法の有効率は22~30%と言われています。全身に転移がある末期癌の方も含めた数値ですので、かなり良い成績です。この療法に、高濃度ビタミンC療法や深部加温波動療法などを併用した例では、60%以上の有効率に上がる報告もあります。この中に全ての腫瘍が完全に消失した例の報告も含まれています。

抗癌剤や放射線治療を見放された末期癌の方も希望を捨てる必要はありません。体力を消耗することなく、強力な抗がん治療が出来るのです。

治療の流れ

  1. 初診相談
  2. 採血(約50ml)
  3. 培養(約2週間)
  4. 投与
  5. 治療の確認

NK細胞の培養は2週間です。2週毎に6回の投与が1クールとなりますが、病状によって投与回数なども異なります。

ケース1 卵巣癌 56歳 女性

一昨年3月に、卵巣癌の診断で卵巣と子宮摘出術を某病院で受けました。転移はなかったのですが抗癌剤治療をして、経過観察していました。約一年半経った昨年の8月の検査で腫瘍マーカーが上がってました。PET検査で、癌の腹膜播種の診断で、再び抗癌剤の治療が始まりました。かなり治療は厳しい状況だとの病状説明があり落胆していたのですが、高活性化NK細胞免疫療法のことを娘から聞かされ、主治医にお願いして許可を得ました。早速このクリニックを訪ね、2週後から高活性化NK細胞免疫療法が開始されました。その頃抗癌剤の副作用で、吐き気があり食欲が無かったのですが、すぐに吐き気が無くなり、むしろ食欲が出て食事が美味しいと感じるようになりました。3回目のNK点滴が済んだ頃、初めは4217 U/mlあった腫瘍マーカー(CA125)が、1066 U/mlまで下がっていることを告げられました。その時此処にきて本当に良かったと思いました。更に6回目が終了した時点で、腫瘍マーカーは25U/mlと正常範囲まで下がったのです。抗癌剤に高活性化NK細胞免疫療法を併用したお陰だと感謝しています。

ケース2 肝臓癌+ウイルス性肝硬変 67歳 男性

以前よりC型肝炎から肝硬変と診断されていたが、2年前に肝細胞癌の診断も下され、ラジオ波凝固法にて治療。その後も再発を繰り返し、その都度ラジオ波凝固法で治療した。身体の負担もあり、治療を中断したところ、約3cm大の腫瘍3個に、小さな腫瘍が多数散在する状態となった。ラジオ波凝固法も難しく、当院にて、高濃度ビタミンC点滴と高活性化NK細胞免疫療法を開始したところ、NK点滴5回後の検査データでは、腫瘍マーカーAFP 1257ng/mlが、338 ng/mlまで低下して、QOLも向上し、以前のように仕事で全国を飛び回っています。

免疫細胞療法(高活性化NK細胞免疫療法) 価格表

免疫細胞療法(高活性化NK細胞免疫療法) 価格表
高活性化NK細胞免疫療法 1回 ¥ 320,000.-
3回 ¥ 910,000.-
6回 ¥ 1,764,000.-

温熱療法との併用をお勧めします。

当院で行っていますマイルド波動療法は、免疫力の増強作用と癌細胞の抗原性をアップしてリンパ球の攻撃を受けやすくする作用があります。免疫細胞療法との相性がとても良い療法で、効果を相乗的に増強させます。

(4)活性化リンパ球免疫療法

キラーT細胞を投与します。

活性化リンパ球免疫療法は、癌の治療、癌の再発予防、他の癌治療との相乗効果、QOLの改善、感染症などに副作用の少ない治療法として注目されています。

免疫細胞療法

活性化リンパ球免疫療法は、関根暉彬博士(元国立がんセンター室長)によって開発された免疫療法で、術後肝臓癌の再発予防効果を世界で初めて明らかにし、その論文はランセットに掲載されたのです。その後活性化リンパ球免疫療法については、多くの論文が発表されています。

活性化リンパ球免疫療法の作製方法

自分の免疫機能を強化して癌細胞を撃退する療法です。リンパ球は癌細胞を攻撃しても正常細胞は傷つけませんので、身体に優しい抗癌治療と言えます。実際の手技ですが、まず患者様の血液を採取します。採取した血液から癌細胞を攻撃するTリンパ球とキラー細胞を特殊な方法で分離します。分離したリンパ球は、すべて無菌的に操作して、培養液で約1000倍に増殖させます。増殖したリンパ球を活性化させ、いつでも癌細胞を攻撃出来る状態まで準備します。このようにして作製した活性化リンパ球を患者様の体内に点滴で戻します。投入されたリンパ球が癌細胞を見つけ出して攻撃するのです。

活性化リンパ球免疫療法の効果

自分のリンパ球なので副作用の心配はほとんどありません。活性化リンパ球免疫療法の技術的な進歩と多数の臨床例から、安定した治療効果が得られています。
比較的小さな癌を反復治療で増殖を抑え、さらに退縮させる効果はあると考えます。また手術後の再発防止にも期待できます。大きな病巣がある場合は、免疫細胞療法だけよりも放射線治療や化学療法との併用をお勧めします。

免疫細胞療法(活性化リンパ球免疫療法) 価格表

免疫細胞療法(活性化リンパ球免疫療法) 価格表
活性化リンパ球免疫療法 1回 ¥ 230,000.-
3回 ¥ 670,000.-
6回 ¥ 1,300,000.-

書籍「がん再発を防ぐ活性化リンパ球療法」

1987年にTリンパ球培養法(関根法)の確立に成功した元国立がんセンター研究所室長である関根暉彬博士の最新書で、活性化リンパ球療法の詳細が載っていますが、そこに紹介された症例です。

Case1「乳癌 50歳代 女性」
再発リスクの高いステージIIIbで、5年間再発せず元気に過ごしてます。
Case2「肺癌 60歳代」
PET検査で写っていた癌細部の影が1年後に消えていました。
Case3「脳腫瘍 8歳 男児」
悪性度がもっとも高い神経膠芽腫の再発防止に成果が見られました。
Case4「脳腫瘍 50歳代 女性」
術後10数年経っていますが、再発は無く元気に過ごしています。
Case5「大腸癌 60歳代 男性」
まだリンパ球を打てばいいんだー高いQOLに満足
Case6「胃癌 40歳代 男性」
スキルス胃癌の切除後、活性化リンパ球療法と抗癌剤で再発を抑えています。
がん再発を防ぐ活性化リンパ球療法
「がん再発を防ぐ活性化リンパ球療法」
関根暉彬 書(幻冬舎)

ページトップへ