がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


安全性の高い抗がん効果

高濃度α- リポ酸点滴療法

高濃度α- リポ酸は体内でごく微量に生成される
ビタミン様物質で、ビタミンC の約400 倍という
強力な抗酸化作用を持つ物質です。
他の抗酸化物質を再生させる働きも持っています。
近年になって安全性の高い抗がん効果が注目され、
がんの治療に使われ始めています。
ほぼすべての原発性がんに効果が期待でき、また
再発や転移の治療にも用いられます。

適応部位

高濃度α- リポ酸点滴療法とは

高濃度α- リポ酸は体内でごく微量に生成されるビタミン様物質で、ビタミンC の約400 倍という強力な抗酸化作用を持つ物質です。他の抗酸化物質(ビタミンA、C、E やグルタチオンなど)を再生させる働きも持っています。近年になって安全性の高い抗がん効果が注目され、がんの治療に使われ始めました。

その他、糖代謝亢進や有害ミネラルの排出、ミトコンドリアでのエネルギー産生サポートなど、多彩な効果が期待できます。

  • 抗がん剤の作用促進や副作用軽減
  • 放射線治療における副作用の軽減
  • C型肝炎と肝硬変への治療導入として
  • 全身性エリスマトーデス(SLE)、リウマチなどの自己免疫疾患への効果
  • パーキンソン病などの神経疾患への効果
  • 糖尿病、動脈硬化、脂質異常症などの生活習慣病への効果

適応する症状

・ ほぼすべての原発性がん
(肺がん、肝がん、膵がん、食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がん、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫など)また、その再発や転移の治療

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

効果・効用

  • フリーラジカルを消去し、がんの発生や進行を抑制します。
  • がんの発生に関係が深い遺伝子の転写因子活性を阻害します。
  • 免疫力を高め、がん細胞を死滅させます。
  • がん細胞にアポトーシス(細胞死)を誘導します。
  • がん細胞のアポトーシス実行因子を促進します。

治療の流れ/投与量・投与方法について

最初の2 週間は週に3回、その後は週に1 ~ 2 回点滴にて投与します。量は100mg から投与を開始し、体調を見ながら量を増やしていきます。所要時間は30分程度です。

<他の療法との併用>

高濃度α- リポ酸点滴療法は、三大治療と併用することが可能です。また、他の病気を併発している場合に使用したり、別の治療法と組み合わせることでさらに高い効果を発揮することが確認されています。

  • 高濃度ビタミンC点滴療法との併用により増強効果が期待できます。
  • 胸水や腹水、また慢性腎臓病がある場合は、高濃度ビタミンC点滴療法でなく、高濃度α- リポ酸点滴療法が選択されます。
  • 低用量ナルトレキソン療法(免疫力の増強とがん細胞の自滅を促す)との併用が効果的です。
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

副作用について

副作用はほとんどありません。
糖代謝の亢進がありますので、低血糖に注意してください。

料金

高濃度α-リポ酸点滴 100 8,500円(税別)
300 14,000円(税別)
600 18,000円(税別)
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

ページトップへ