がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


免疫を強化しビタミンCを含む抗がん剤の作用を高める

マイルド波動療法

DH-3000という機器を使用して
身体の深部にまで高周波エネルギーを送り込み、
そのエネルギーによって39度以上の温熱効果を発生させる治療です。
DH-3000が身体の深部に送り込む高容量エネルギーは、
各組織に安全なレベルのジュール熱を発生させ、
免疫に関係のある深部の組織を活性化させます。

適応部位

マイルド波動療法とは

マイルド波動療法には、「免疫の強化」と「ビタミンCを含む抗がん剤の作用を強める」二つの効果があります。DH-3000という機器を使用して身体の深部にまで高周波エネルギーを送り込み、そのエネルギーによって39度以上の温熱効果を発生させる治療です。DH-3000が身体の深部に送り込む高容量エネルギーは、各組織に安全なレベルのジュール熱を発生させ、免疫に関係のある深部の組織を活性化させます。

DH-3000による温熱効果は各細胞にHSP(ヒートショックプロテイン)を増加させることが判明し、免疫の増強作用と抗がん作用の強化が報告されています。

<HSPの免疫力増強効果>

HSP(ヒートショックプロテイン)とは、熱に対して反応して増加するタンパク質です。細胞内のさまざまな種類のタンパク質の合成・修復などを管理しているタンパク質で、細胞の生命活動において重要な役割を担っています。HSPを増加させると、免疫を担うリンパ球、NK細胞、樹状細胞が活性化・増加し、免疫機能が強化されて免疫年齢が若返ります。

一方、がん細胞にHSPが増加すると、がん細胞の特徴が細胞表面に現れるようになります。これによりリンパ球ががん細胞を攻撃しやすくなるため、がんの治療や予防のベースにもなります。

適応する症状

  • 全てのがん
  • 免疫力の低下
  • 免疫力低下により引き起こされる病気
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

効果・効用

  • 高濃度ビタミンC点滴療法の効果の増強作用
  • がん細胞の増殖抑制効果
  • がん細胞の抗原性顕在化
  • 放射線、化学療法の感受性増強
  • キラーT細胞、NK細胞などリンパ球増加による免疫強化作用

DH3000にて10回治療前後の免疫力年齢

免疫力年齢は約6歳の若返りました


治療前と治療後の血液検査の比較

治療の結果、T 細胞や NK 細胞の増加が見られる
(上◯内:T 細胞 下◯内: NK 細胞)

治療の流れ

深部加温により発汗の可能性がありますので、用意した診察着に着替えてください。

背中に反射板を敷きます。

腹部に、プローブを巻きつけます(ここから波動エネルギーが体内に送り込まれます、約60分間)

身体の中心から、しっかり加熱され、ポカポカに温まります。

通常、この間に高濃度ビタミンCなどの抗がん剤を同時に行うことで、抗がん効果が約50%上がります。

施療は約60分で終了しますので、汗を拭いて、着替えて終了となります。

副作用について

終了後に、プローブの当たっていた皮膚が発赤することがありますが、通常は数時間で元に戻ります。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

料金

30分 1回 5,000円(税抜)
70分 1回 8,000円(税抜)
70分 10回 74,000円(税抜)
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

ページトップへ