がんの親玉”がん幹細胞”を標的にして根本的な治療を実現する
樹状細胞CSCワクチン療法 従来の「がん細胞」に加えて「がん幹細胞」も標的にする、がん治療の最前線!
がん増殖の原因を樹状細胞に憶えさせ、大量の免疫細胞で狙い撃ちにします。

樹状細胞が「がんの目印」を免疫細胞に伝え、がん細胞とがん幹細胞を攻撃するしくみ

がん幹細胞を認識して攻撃するためには、まず樹状細胞に「がん幹細胞」がもつ「がんの目印」を 認識させ、免疫細胞群で「がん幹細胞」を「がん細胞」と同時に攻撃する必要があります。 これまで難敵とされてきた「がん幹細胞」の治療法が樹状細胞CSCワクチン療法です。 抗がん剤、放射線治療、分子標的治療後の再発予防として有効です。

※1: CSCワクチンで培養した患者様の免疫細胞が30億個の場合、およそ合計2,800億個のがん細胞を攻撃します。
※2: 治療有効率 61% (うち完全・部分的にに寛解23%、長期不変38%) ※3: WT1ペプチドは、小児の肝臓がんの原因遺伝子として発見され、米国衛生研究所の研究グループによって 臨床上最も有用性のあるがん抗体として位置づけられています。

過去のがん治療の最大の問題点は、
“抗がん剤では「がん幹細胞」を
消滅させることが不可能”ということ。

抗がん剤や放射線で「がん細胞」だけを死滅させても、 「がん幹細胞」を消滅させない限り、がんは完治しません。 がん治療探究の最前線では、既にがん化した細胞を傷害し、縮小しても、がんを作り出す「がん幹細胞」 が残っていれば転移、再発をくり返すことが分ってきました。 がん幹細胞は抗がん剤や放射線に対して抵抗性があり退治することが困難であるといわれています。

現在の抗がん剤治療

新しい治療

なぜ近年、免疫療法が
飛躍的に進歩したのか?

ここ20~30年の研究から、樹状細胞が免疫システムの要として
非常 に重要であることが解明されてました。
免疫療法では、がん患者の血液を採取し、樹状細胞を含む
5種類の 細胞を体外で培養・活性化したのち体内に戻します。



体外で樹状細胞ががん細胞の特徴を記憶し、強力な免疫細胞群
にがん細胞だけを狙い撃ちするように情報を伝えます。
活性化・増殖された5種の免疫細胞が体内に戻され、
がん細胞を激し く攻撃し、消滅に導けるようになりました。
これにより、治療有効率60%と、これまでの免疫療法よりも大幅に
有効率をあげることに成功しました。


がん発病の原因は「免疫力の低下」。

健康な体内でも、毎日何千ものがん細胞が発生しています。健康体では「免疫細胞」が活発にがん細胞を退治するため、がん細胞は肥大化する前に消滅します。「免疫細胞」が衰えることが、がんの原因でした。また、免疫細胞を強化することが治療法とわかっていても、従来の免疫細胞療法では「自分の細胞」であるがん細胞を認識することができず、がん細胞だけを攻撃する術がありませんでした。

5種免疫複合治療は、
ほぼ全ての部位に有効性が認められています。

乳がん 子宮がん 胃がん 肺がん 大腸がん 前立腺がん 食道がん
すい臓がん 肝臓がん 皮膚がん 膀胱がん 大腸がん 甲状腺がん 咽頭がん
喉頭がん 直腸がん 結腸がん 口腔がん 精巣がん その他  

治療有効率、約60%!
樹状細胞CSCワクチン療法の
直近189名の治療実績※4

【A判定】完全・部分寛解(かんかい)

腫瘍が消失した。腫瘍マーカーが下がった。再発の兆しが無い状態。

【B判定】長期不変

腫瘍の大きさ、転移の状況も不変。腫瘍マーカーが下降 あるいは横ばいの状態。生活の質が改善された状態。

【C判定】延命効果

治療に関わらず腫瘍が少しずつ増大し、腫瘍マーカーも 少しずつ上昇しているが、緩やかな進行と思われる状態。

【D判定】無効

治療に関係なく進行した状態。

※4
1クール6回の治療を受けたがん患者様の中で、1クール終了後にCT, MRI, PETなどでがん病変の測定が可能、かつ治療前後で患者様の追跡調査が可能だった直近の189名
(男性86名、女性103名)の有効率

1種類の免疫細胞では不十分!
5種類の免疫細胞の連携プレーで
がん細胞を攻撃


キラーT細胞 樹状細胞から伝わる異常細胞を記憶し攻撃 NK細胞 低下したNK細胞の活性を体外で約1000倍に増加、活性化させ攻撃 ガンマ・デルタ(γδ)細胞 「抗原」に依存することなく がんを攻撃 NKT細胞 低下したNK細胞の活性を体外で約1000倍に増加、活性化させ攻撃 樹状細胞 「抗原」に依存することなくがんを攻撃

体内に発生するがんのもとになる異常細胞は「がんの目印」であるがん 抗原を持ち、このがん抗原は細胞表面に出ているので、これをヘルパ ーT細胞が「がんの目印」として認識し、免疫の仕組みが発動して攻撃・ 排除するようになります。

ところが、実はがん細胞の多くは「がんの目印」となるMHCクラス1を隠 しています。このため、キラーT細胞の免疫力を高めても、すべてのが ん細胞を見つけ出し排除することは難しいのです。

そのようながん細胞に対しては「がんの目印」有無だけに左右されず、 さまざまな情報を総合的に考慮して判断するNK細胞が攻撃を加えます。 NK細胞は間違えて健康な細胞を攻撃しないように「自己の目印」を判 別してがん細胞以外への攻撃を抑えています。

しかし、NK細胞のセンサーをもってしても、がん細胞すべてを攻撃する ことは至難の業でした。

そんなNK細胞でさえも見逃したがん細胞を退治する強力な免疫細胞が NKT細胞です。その名のとおり、NK細胞とキラーT細胞の両方の性質を あわせ持つT細胞で、「究極の免疫細胞」と言える存在です。

NKT細胞は「がんの目印」を隠しているがん細胞も徹底的に見つけ出し、 殺してしまう力があります。また、NKT細胞が目覚めると、樹状細胞など のほかの免疫細胞も活性化することから、T細胞、NK細胞のはららきの バランスをつかさどる、免疫細胞のボスのような存在です。

ただし、NKT細胞は血液のなかにわずか0.1?0.3%ほどしかなく、がん患 者の体内では、さらにその数が少なくなっています。

そのほか、近年になってから、強力な殺傷力でがん細胞を排除する 「ガンマ・デルタT細胞」の存在も明らかになりました。

※3 キラーT細胞はCTL細胞(細胞障害性Tリンパ球)とも呼ばれています。

そして、なかでも画期的な役割を担うのが樹状細胞です。患者さん自身 の「がんの目印」を樹状細胞が認識し、ほか4つの異なる機能をもった 免疫細胞に伝えます。この情報をもとに、各免疫細胞がん細胞だけを 攻撃するのです。正常な細胞までも攻撃してしまう抗がん剤などに比べ て副作用が少ないのが特長です。

INF-γ TNF-α バーフォリン グランザイム 細胞死 がん細胞 γδT細胞 サイトカイン 細胞傷害性T細胞(CTL) WT1を提示してCTLを活性化 サイトカイン NKT細胞 WT1ペプチド NKT細胞 CD8 陽性細胞(キラーT細胞) WT1ペプチド INF   インターフェロン TNF  腫瘍壊死因子 WT1ペプチド 受容体 成熟樹状細胞

従来の免疫細胞療法では1種類の免疫細胞を培養するものばかりです。 これでは大きな効果を見込めません。一人ひとりの症状に応じた「完全オーダーメイド」の治療である 樹状細胞CSCワクチン療法をお選びください。※当クリニックでは自己がん組織がなくても治療ができる、万能 ペプチドであるWT1を用いた新樹状細胞獲得ワクチン療法を採用しています。

病期(ステージ)と判定

直近189例の効果測定結果の内訳

◎ 病期(ステージ)Ⅰ 腫瘍が小さく、隣接する組織に広がっていないがん。⇒ 早期がんと判断。

◎ 病期(ステージ)Ⅱ 比較的腫瘍が小さく、広がりも周囲のリンパ節や隣接する組織までにとどまっている状態。

◎ 病期(ステージ)Ⅲ 腫瘍が比較的大きく、隣接する臓器に広がっている進行がん。

◎ 病期(ステージ)Ⅳ

(遠隔転移あり)。

  Ⅲa Ⅲb-c
A 4 2 6 11 21
B 0 6 8 19 39
C 1 0 3 9 27
D 0 1 1 7 24
合計 5 9 18 46 111
  3% 5% 10% 24% 59%

直近189例の 83%はステージⅢb以降です。

臓器別有効率

悪性リンパ腫 肝臓がん 胃がん 胆管がん 卵巣がん 肺がん 乳がん 大腸がん 前立腺がん 直腸がん 膵臓癌
1. 悪性リンパ腫 75%
2. 肝臓がん 72%
3. 胃がん 69%
4. 卵巣がん 67%
4. 胆管がん 67%
6. 肺がん
( 小細胞がんも含む )
66%
7. 乳がん 65%
8. 大腸がん 63%
9. 直腸がん 50%
9. 前立腺がん 50%
11. 膵臓がん 36%
  • メールでのご相談はこちら
  • 無料カウンセリング ご予約はこちら
  • お電話でのお問い合わせは 0120-1222-48 ( 03-3585-1211 )

細胞培養から治療の流れ


3週間培養

治療費について

  コース 治療費(税抜) 内容
診察 登録料 ¥3,000
初診料 ¥10,000  
再診料 ¥1,000 検査や治療でご来院
された際にかかります
新樹状細胞
CSCワクチン療法

3ヶ月プラン
(6回)
費用例 ¥2,055,000 検査、がん細胞、がん幹細胞の免疫療法など
内訳 検査料(初回) ¥15,000 1回 初回のみ
検体送料 ¥5,000 6回 2週間毎に1回、
合計6回の施療です
投与治療料 ¥295,000 6回
管理費 ¥40,000 6回

※別途、消費税8%がかかります。

医師プロフィール

  • 赤坂AAクリニック院長
  • 獨協医科大学名誉教授
  • NPO法人日本AAメディカルスパ協会副理事長
  • 日本抗加齢学会専門医
  • 日本臨床抗老化医学会認定医
  • 米国抗老化医学アカデミー正会員

【 経歴 】

  • 昭和43年 日本大学医学部卒
  • 昭和47年 日本大学大学院医学研究科卒
  • 昭和50年 追浜中央病院内科,皮膚科勤務
  • 昭和55年 米国カリフォルニア大学医学部付属病院 腎研究室勤務
  • 昭和57年 日本大学医学部付属 板橋病院病理科勤務
  • 昭和59年 獨協医科大学 病理学教授
  • 平成10年 獨協医科大学越谷病院副院長
  • 平成17年 赤坂AAクリニック開院

アクセス

赤坂腫瘍内科クリニック
〒107-0052 東京都港区赤坂3-13-10 新赤坂ビル4F
(タリーズコーヒーの4階です。)

GoogleMapで確認する。

TEL:0120-1222-47 / FAX:03-6441-2707

平日の診療時間 10:00 ~ 19:00
土曜日の診療時間 10:00 ~ 17:00
※日曜・祝祭日休診 完全予約制

クリニック情報はこちら

がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法 赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会

Copyright (C) 2014 医療法人社団健若会 赤坂AAクリニック. All Rights Reserved.