がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


Artemix

Artemixの活性成分は生薬の青蒿から抽出された成分で、
アルテミシニンとその誘導体のアルテスネイトは、
マラリアの薬として広く世界中で使用されています。
そして近年、抗がん作用が明らかにされ注目を浴びています。
がん細胞に取り込まれたアルテスネイトが、
細胞内の鉄イオンと反応して、がん細胞を死滅させる働きをします。

適応部位

Artemixとは

<Artemixの抗がん効果>

Artemixの活性成分は生薬の青蒿から抽出された成分で、アルテミシニンとその誘導体のアルテスネイトは、
マラリアの薬として広く世界中で使用されています。
そして近年、抗がん作用が明らかにされ注目を浴びています。
がん細胞に取り込まれたアルテスネイトが、細胞内の鉄イオンと反応して、がん細胞を死滅させる働きをします。

適応する症状

Artemixはさまざまながん細胞に対して抗腫瘍効果があります。培養細胞や動物実験では白血病や大腸がん、
肺がん、悪性黒色腫、肝臓がん、骨髄腫、すい臓がんなどに対する抗腫瘍作用が報告されています。
臨床例での有効性も多く報告されており、進行した悪性黒色腫に著しい効果がみられた報告や、進行した非小細胞肺がんの抗がん剤治療にArtemixを併用すると抗腫瘍効果が高まることを示したランダム化比較試験報告などがあります。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

効果・効用

がん細胞は正常細胞より鉄を多く含んでいます。ここにArtemixががん細胞に取り込まれると、がん細胞の中でArtemixが鉄と反応して、大量の活性酸素を発生させます。もともと抗酸化成分が少ないがん細胞は大量の活性酸素によって死滅します。正常細胞は鉄が少なく、抗酸化成分が豊富なのでダメージは受けません。

Artemixを服用する約6時間前にヘム鉄を摂取して、がん細胞に多くのヘム鉄を取り込ませると、鉄にArtemixが反応して活性酸素が多く発生することも知られています。

<作用機序>

  • ・ 鉄イオンと反応し、がん細胞の酸化ストレスを高めて細胞死を招く
  • ・ 血管新生を阻害し、がんの転移や増殖を防止する
  • ・ DNAトポイソメラーゼⅡα阻害作用(増殖帽子)
  • ・ 細胞増殖や細胞死のシグナル伝達系に作用する

<他のがん治療との併用>

  • ・ 抗がん剤に耐性があるがん細胞の抗がん剤感受性を高める
  • ・ 他のがん治療にAltemixを併用すると、抗腫瘍効果を高める

治療の流れ/ 投与量・投与方法について

昼食後にヘム鉄2カプセル、夕食後にArtemixを1カプセル服用します。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

副作用について

アルテスネイトは昔からマラリアの治療に使われていた生薬の成分で、安全性や副作用が軽度であることが確認されています。がん細胞死の影響で、発疹や発熱がみられることがあります。
頭痛や下痢などを生じることもありますが、ほとんど心配はありません。

Artemix  30錠 ¥ 18,000(税抜)
ヘム鉄 100カプセル ¥ 3,700(税抜)

ページトップへ