がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


がんの原因分子の異常遺伝子化を防ぐ

アンチセンス治療

がんは遺伝子の産物であるRNA(核酸)の機能異常によって
おこります。
アンチセンス治療は、検査により機能異常に関与する
センスRNAを明らかにし、異常のあるセンスRNAが遺伝子になる
手前で体内投与したアンチセンスRNAと結合させ、
がん遺伝子の発現を阻止します。
アンチセンスRNAは、がん細胞の核にのみ作用し、正常細胞に
影響がありませんのでリスクの少ない治療法と言えます。

適応部位

アンチセンスRNAとは?

遺伝子は、螺旋状の2本のRNA(核酸)からなるたんぱく質の設計図です。そのうちの遺伝情報をもつほうを「センスRNA(mRNA)」、遺伝情報をもたないほうを「アンチセンスRNA」と呼びます。センスRNAとアンチセンスRNAが螺旋状になることでタンパク質が発現します。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

アンチセンス治療のしくみ

① アンチセンスRNAの投与

体内に投与されたアンチセンスRNA(オリゴ核酸)が、異常遺伝子を持ったRNAより先にセンスRNA(mRNA)と結合し、異常タンパク(がん細胞)の出現を未然に防ぎます。

② 悪性腫瘍の崩壊

1度のアンチセンスRNA(オリゴ核酸)の投与により、体内での効果は数カ月間に及びます。その間、オリゴ核酸はがん細胞の核のみを攻撃し、正常細胞には影響しません。その間に腫瘍が崩壊し、大きな腫瘍の場合には崩壊症候群(TLS)も起こりうることがあります。そうした場合には切断をする外科医との連携も必要になります。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

料金

料金 治療の流れ
治療製剤用検査
600,000円(税抜)
治療前検査(オンコスタット)
 ↓  約2〜3週間
アンチセンス治療1回(通常2回)
300,000円(税抜)
アンチセンス製剤のオーダー
 ↓  約5週間
アンチセンス治療(1回目)
 ↓  約3ヵ月
アンチセンス治療 (2回目)
  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

ページトップへ