がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


マイクロアレイ血液検査とは

世界初の最新技術によって、超早期がんを遺伝子レベルで判定する癌検査(少量の採血で信頼の高い検出率)。
早期発見の困難な膵臓癌、発症頻度の高い大腸癌や胃癌、胆道癌など、消化器系癌を高精度に判定します。

血液中の白血球は、病気の発症や異物の存在から身を守るために免疫という防御システムを持っています。この防御システムは細胞内の特定のRNAの出現や量の変化によって行われています。ですから、このRNAの変化をキャッチすることで、癌の発症を知ることが出来るのです。
そして、このRNA量の測定にマイクロアレイと呼ばれるガラス器具が考案されています。この方法でRNAがどのくらいの量あるかなど、その変化を調べることで、癌の発症がわかるのです。

マイクロアレイ血液検査の4大特徴

高い精度
消化器のがんに対して9割の高い感度を示します。
4つのがん検査が同時に検査
胃癌、大腸癌、膵臓癌、胆道癌を一度の採血で検査できます。
検査方法が簡単
5ccの血液を採取するだけです。
安心な検査方法
特殊な薬剤投与、X線の被爆もありません。
検査結果の判定が迅速である。
3~4週間で判定がでます。

検査の流れ

  1. 問診票の記入
  2. 5ccの採血をします。
  3. 血液検体を検査機関(金沢大系医療ベンチャー企業「株式会社キュービクス」)に搬送
  4. RNAの抽出→RNAに試薬を反応
  5. マイクロアレイ上で蛍光色素を負荷したRNAを反応させる
  6. スキャナーで蛍光強度を読み取る
  7. 専用ソフトを用いたパターン判別の実施
  8. 検査結果の報告

マイクロアレイ血液検査 価格表

マイクロアレイ血液検査 価格表
マイクロアレイ血液検査
(膵臓癌、胆道癌、胃癌、大腸癌の遺伝子診断)
1検体 ¥ 120,000

良くある質問とその答え

Q1 「癌になりやすい体質」を調べる検査ですか?

体質ではなく、今癌が有るか無いかを判定する検査です。

Q2 服用している薬は、検査に影響ありますか?

違います。今、貴方の体に癌(がん)があるか?癌(がん)になりかかっているかを調べる検査です。

Q3 消化器以外の癌は、検査に反応しますか?

消化器系癌だけに反応しますが、他にがんがあった場合、陽性に反応する時があります。その際、部位の特定は出来ません。

Q4 大腸ポリープは反応しますか?

大腸ポリープも陽性に反応することがあります。また大腸ポリープを切除して2年以内は、陽性になる事があります。

Q5 癌の部位は判定できますか?

消化器系の癌の部位は特定できますが、全ての部位に陽性となる場合が35%にあります。

Q6 癌の進行度は分かるのでしょうか?

早期癌か、進行がんかは判別できます。

Q7 結果が陰性だった場合、次の検査はどのくらい期間を空けますか?

1年ごとの検査をお勧めします。

Q8 この検査を受けたら、内視鏡検査は不要でしょうか?

この検査は高精度ですが、100%ではありません。わずか1.5%ですが、偽陰性になる場合があります。念を入れて、機会があれば内視鏡検査も受けてください。

検査結果報告書(一部)

血液RNA発現解析結果報告書と消化器癌の有無詳細判定

血液RNA発現解析結果報告書
消化器癌の有無詳細判定

陽性例報告書

陽性例報告書01
陽性例報告書02
陽性例報告書03
陽性例報告書04
陽性例報告書05
陽性例報告書06

ページトップへ