がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


微細な癌細胞の早期発見・再発防止・予防管理

遺伝子検査は、癌細胞から血液に流出されるDNA、RNAなどを解析するのが特徴です。
画像診断、内視鏡検査などでは確認できない微細な癌細胞の早期発見をはじめ、癌と診断される前段階で、癌に変異しつつある細胞を見つけ出し、それらのリスクなどを調べることができます。
5mm以下の微細な癌細胞の存在、がんリスクの評価を通じて、発症の前段階から癌の発見・管理ができます。

検査方法の比較

癌遺伝子検査のメリット

超早期診断
画像診断や内視鏡検査では発見が困難なごく小さい癌細胞(5mm以下)も、癌細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA、RNA)等を解析し、その存在リスクを評価。これにより超早期診断が可能になります。
予防管理
ごく小さい癌細胞の存在リスク、遺伝子変異による発癌リスクの評価などを継続的に行うことで、個人の体質や生活に合った予防管理や指導を行うことができます。
再発防止管理
画像診断では追跡が難しいごく小さい癌細胞による癌再発リスクを評価します。癌の再発もしくは改善されつつあるかなど、それぞれの状態に応じた再発防止指導を行います。
安全性
検査は、約20ml程の血液のみ。他の検査にような放射線被爆や電磁波による影響などはありません。

癌関連遺伝子

検査によって、癌関連遺伝子を見つけ、その遺伝子の組み合わせから、部位別の癌を早期発見

癌細胞は、数個から10個程度の遺伝子の多重変異によって、癌細胞と化します。
遺伝子検査では、それら細胞の変異を遺伝子の組み合わせで判断。かなり早い段階から癌の早期発見を可能します。

  • PET検査でも発見困難な5mm以下の微小癌を発見
  • 癌になりかかっている病変も検出
  • 検査は採血のみで放射線などの副作用がない

遺伝子検査対象癌関連遺伝子

メチル化
p16、p15、MLH1、E-Cadherin、RAR-beta2、APC、DAPK、RASSFIA、H-Cadherin、BRCA1、RB1、p14、VHL、APAF1、CASP8、PTEN、RASSFIC、SURVIVIN、TIMP3、hTERC等
Mutation(突然変異)
p53、K-RAS、H-RAS、N-RAS、BRAF、APC、EG Freceptor、BRCA1等
RNA(癌関連遺伝子の発現状態)
Cytokeration-7、Cytokeration-19、Cytokeration-20、MAGE-A1、MEGE-A3、MEGE-A4、MEGE-A12、HnRNP、A2/B1、NSE、AFP、PSA、PSMA、Her-2/Neu、HCCR、Thyroglobulin、PTC1、NC0A4、BCR、HBV-X、CEACAM5、CGA、MGMT、BAGE、GAGE7、Mucin-1、Mucin-16、Mucin-7、Mucin-6等
部位別癌関連遺伝子(主要なもの)

検査方法(約20cc程度の採血のみで検査を行います。)

他の画像診断のような放射線被爆、狭量な電磁波などによる影響もなく、安心して検査が受けられます。

検査の説明と同意書の記入(インフォームドコンセント)
検査説明書と検査同意書をもとに医師より検査の説明をさせていただきます。
検査の実施
血液(20ccl)を採取します。検査当日はこれで終了です。
検査結果の報告(4週間後)
医師より、直接検査結果をお渡しします。
結果に応じて、癌の有無、癌リスクの有無、今後の予防や管理などをアドバイスさせていただきます。

癌遺伝子診断検査 価格表

癌遺伝子診断検査 価格表
コース 精査コース 標準コース
フリーDNA
チェック
発現解析
変異解析 -
メチル化解析 -
癌リスク評価
検査料金 ¥ 170,000 ¥ 130,000

ページトップへ