がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会

がん保険について

病気になったとき、
経済的な負担を減らすことができる保険はとても頼もしいものです。
いつ、がんと診断されるかは誰にもわかりません。
また、治療を受けて無事回復した場合にも、再発の心配もあるでしょう。
がんと保険の関係について、
患者さまから多く寄せられるお声にお答えいたします。

がん保険に入ってからすぐにがんと診断された場合、給付金はどうなるの?

がんは自覚症状がないケースも多々あり、保険に入ってからすぐに検査などでがんが判明する可能性もあるでしょう。ほとんどのがんには90日間の「待ち期間」(待機期間、不填補期間とも)があり、この期間にがんと診断された場合は給付金がおりません。保険の悪用を避け、公平性を保つためにこの制度が設けられています。

ただ、最近ではがん入院給付金やがん通院給付金などで、待ち期間を設けていない商品もあります。

がんと診断されたら、必ず給付金を受け取れる?

がん保険は、いざというとき大きな安心につながります。ただ、給付金が受け取れないケースもありますので注意
しましょう。実際によくあるケースを挙げてみましょう。

  • 適用されない種類のがんだった
  • 保険の責任開始日よりも前にがんと診断された
  • 契約前にがんを発症していた
  • 告知義務違反をしていた
  • 保障内容の条件を満たしていなかった
  • 契約が失効していた

がんと診断されたら、もう保険に入れなくなる?

イメージ的に「もうどの保険にも加入できないのでは」と思っていらっしゃる患者さまは少なくありませんが、
ご安心ください。がんの治療を最後に受けた日から、経過観察のための診察を除き一定以上の期間が経っていれば加入することができる保険や、がんの種類によって加入できる保険があります。
保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。

  • 無料カウンセリングのご予約はこちら
  • メールでのご相談はこちら

ページトップへ