がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


甲状腺がんとは

甲状腺とは、のどぼとけの下あたりにある10〜20g程度の小さな臓器です。ここから分泌される甲状腺ホルモンは、体全体の新陳代謝や成長を促す役割を担っています。甲状腺の病気はさまざまなものがあり、バセドウ病や橋本病などが挙げられます。一方、腫瘍ができるもののうち、悪性のものを甲状腺がんと言います。

甲状腺がんの症状・特徴

甲状腺がんの症状にはしこり(結節)のほか、声がかすれたり、ものが飲み込みにくかったりすることもあります。痛みや違和感を感じることもありますが、通常はしこり以外に自覚症状を感じることはさほど多くないようです。
甲状腺がんは、組織の特徴により大きく4種類に分類されます。最も多いのが乳頭がんで、ゆっくりと進行するのが特徴です。リンパ節への転移が見られる場合でも、リンパ節の郭清(切除)を行えば比較的予後が良いとされています。甲状腺がんのうち、全体の9割がこの乳頭がんです。ほか、甲状腺がんには遠隔転移しやすい濾胞(ろほう)がん、進行が速めの髄様(ずいよう)がん、高齢者に多い未分化がん、悪性リンパ腫が甲状腺にできるものなどに分けることができます。

甲状腺がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003~2005年に甲状腺がんと診断された方の5年相対生存率は92.2%でした。

甲状腺がんの原因

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故後、周辺住民に甲状腺がんの患者が急増したことから、放射線を大量に浴びることが原因の一つとされています。また、遺伝による影響を受けやすいがんなので、甲状腺がんを発症したことのある家族がいる場合は注意したほうが良いでしょう。

一般的な、甲状腺がんの検査

問診、視診・触診
問診では症状以外に、家族に甲状腺がんにかかった人がいないか、放射線に被曝したことがあるかなどについて聞きます。それにくわえて、甲状腺を観察したり、触ってしこりを確かめたりします。この際、首の周りにあるリンパ節も触診を行います。
画像診断
超音波で甲状腺の大きさやしこりの性質、リンパ節へ転移などを画像にして調べるのが超音波(エコー)検査です。他の臓器にがんが広がっているか、転移しているかなどを調べるのがCT、MRI検査です。放射性物質を服用し、専用の機器で撮影するものはシンチグラフィー検査と言います。
病理検査(病理診断)
甲状腺にしこりが見られる場合、細い注射針を刺してしこりの細胞を採取し、観察する穿刺吸引細胞診が行われます。しこりが良性なのか、悪性なのかを見極めるには非常に確度の高い方法とされています。
血液検査、腫瘍マーカー検査
基本的には病理診断や画像診断により判断される甲状腺がんですが、必要な場合は血液検査が行われます。甲状腺がんの種類によっては特定の項目が異常値を示すことがあり、甲状腺がんの診断をより詳細に行うことができます。

当院の甲状腺がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

甲状腺がんのステージ

甲状腺がんはその種類や進行の程度により、治療法は大きく異なります。組織型や病期を正確に把握することが求められます。

また、未分化がんははじめからⅣ期に分類されます。

甲状腺がんの標準治療

甲状腺がんの治療は、種類や病期などに応じて選ばれますが、基本的に多くの場合は手術が基本です。甲状腺がんのち療法は、国内外でも見解が分かれますが。日本ではできるだけ甲状腺を温存する方法が選ばれるケースが多いようです。治療方針を話し合う際、参考にしてください。

① 手術

がんの広がりによって切除の範囲は異なります。片方の葉のみを切除する葉切除術、甲状腺の2/3以上を切除する甲状腺亜全摘術、すべて摘出する甲状腺全摘術などがあります。頸部リンパ節への転移が見られる場合は、リンパ節を取り除くリンパ節郭清が行われます。切除範囲が広範囲になると甲状腺機能の低下などの合併症が懸念されますが、飲み薬で補うことが可能です。

② 抗がん剤治療

悪性リンパ腫や、手術や放射線治療で効果がないと考えられる未分化癌の場合、複数の抗がん剤を用いた治療が選ばれます。手術が効果的な乳頭がんや濾胞がんの場合はほとんど用いられることはありません。

③ 放射線治療

放射線を体外から当てる外照射と、がんの内部または近くに装置を入れて放射線を当てる内照射があります。未分化がんや悪性リンパ腫には外照射が行われます。乳頭がんや濾胞がんの場合、アイソトープ治療という放射線内照射治療が行われることがあります。また、これらのがんで骨に転移が見られる場合、痛みを抑えるために外照射が選択されることがあります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

甲状腺がんの先進医療

甲状腺がんは予後の良いがんとされていますが、それでも不安や痛みは伴うものです。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ