がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


精巣がんとは

精巣がんは精巣に発生するがんです。大きく分けてセミノーマ(精上皮腫)、非セミノーマ(非精上皮腫)の2つがあり、それぞれ病状と治療方針が違います。多くの場合は自覚症状がないため、進行してから気づくことが多いようです。また、精巣がんは転移しやすいため、転移した臓器で起こった症状から精巣がんが発見されることもあります。

精巣がんの症状・特徴

片側の精巣が腫れたり、硬さが変化するなどの症状が中心ですが、無痛性のためなかなか気づかないケースが多いようです。その他、下腹部や肛門、陰嚢に痛みを生じることがあります。その他、精巣がんは転移しやすい特徴があり、肺や腹部リンパ節に転移が見られることがあります。

精巣がんの生存率

近畿がんセンターによれば、がんのでき方によっては5年生存率は100%だが、精巣がん全体で見ると94.4%です。また、病期によってかなり差が出ることがわかっています。

精巣がんの原因

精巣がんの原因は解明されていない部分がありますが、家族の中で精巣腫瘍になった人がいる場合や、乳幼児期に停留精巣(精巣が陰嚢内に降りず、腹腔など他の位置に留まる場合)だった場合、妊娠時のホルモン剤投与などでリスクが高まるとされています。精液検査で異常があった男性不妊症の人もリスクが高くなります。精巣の外傷については、さほど関連性はないという見解がなされています。

一般的な、精巣がんの検査

触診
手で触ってしこりを確認する検査です。腫瘍が小さい場合は硬いしこりを、がんが大きくなると精巣全体が硬くなっていることを確認することができます。
腫瘍マーカー
腫瘍細胞が作り出す物質を血液検査によって調べる検査です。精巣腫瘍の診断のほか、治療効果を見たり、治療後の経過観察をしたりする場合にも使われます。ただし、他の病期が原因で数値が上昇することもあります。
画像診断
超音波を使用する超音波検査、X線を使うCT、磁気を使うMRIなどを総称して画像診断といいます。転移が早い精巣がんにおいては、転移の有無を調べるCTが重視されます。

当院の喉頭がんの検査

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

精巣がんのステージ

精巣がんの病期は、精巣がんの大きさや広がり、転移などを考慮に入れて決定されます。また、転移を詳しく調べるために追加検査が行われることもあります。

●精巣腫瘍の病期分類

●IGCC(International germ cell consensus)分類

精巣がんの標準治療

精巣がんは進行が早く、転移しやすいのが特徴です。精巣がんが疑われる場合はまず精巣を摘出し、腫瘍の種類を確定してから病期を確定します。腫瘍の種類によって、治療方針が変わってきます。

① がん摘出手術

精巣がんでは、基本的にすべてのケースで精巣と精索を取り除く「高位精巣摘除術」が行われます。また、精巣がんは転移が早いのが特徴であることから、転移することが多いお腹のリンパ節とその周りの組織を取り除く「後腹膜リンパ節郭清術」が行われることもあります。また、セミノーマの場合は抗がん剤治療や放射線治療で転移した部分も完治することが多いのですが、非セミノーマは転移したところから再発する可能性もあり、「転移巣切除術」が行われることが多いようです。

② 抗がん剤治療

精巣腫瘍は抗がん剤の効果が出やすいがんです。たとえ転移がある場合でも、化学療法を中心とした治療での根治も期待できます。多くの場合、複数の抗がん剤を組み合わせて使用し、画像検査や血液検査で経過を見ていきます。

③ 放射線治療

放射線治療では、がんに対して放射線を当てることで腫瘍を小さくします。セミノーマにはよく効きますが、非セミノーマではあまり効果が見られません。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

精巣がんの先進医療

精巣がんは比較的若い方での発症率が高く、かなり進行してから発見されることが多い上に、非常に転移しやすいという特徴があります。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療も積極的に検討してみてはいかがでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ