がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


皮膚がんとは

皮膚に生じる悪性腫瘍のことを総称して皮膚がんと呼びます。主に高齢者によく見られますが、あらゆる年代に可能性があります。よく見られるもので、リスクの高いものとして基底細胞がん、有刺細胞がん(扁平上皮がん)、悪性黒色腫(メラノーマ)があります

皮膚がんの症状・特徴

基底細胞がんは皮膚がんの中でもっとも多いもので、顔面によく見られます。転移は少ないものの、浸潤して肌の奥にがんが広がります。放置すると大きな腫瘍となり、他の臓器に転移して死につながる可能性があります。
有刺細胞がん(扁平上皮がん)は悪性度としては中間です。高齢者を中心に、顔面や手足によくできるものです。進行するとリンパ節や肺、脳、肝臓等に転移を起こします。皮膚炎や傷跡と見分けがつきにくい特徴があります。
悪性黒色腫(メラノーマ)は、悪性度の高さで知られます。メラノサイトというメラニンを作る細胞が悪性化したり、ほくろの細胞ががん化してできるもので、リンパ節や肺、骨、肝臓などに転移して死亡に至る可能性があります。非対称形で境界が不明瞭、かつ拡大していくなどさまざまな特徴があります。

皮膚がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年に皮膚がんと診断された方の5年相対生存率は90.9%でした。

皮膚がんの原因

基底細胞がんは、有刺細胞癌、悪性黒色腫ともに、紫外線の関与が原因として挙げられています。
また、有刺細胞がんや悪性黒色腫の場合は外傷も関連してくることから、いつも刺激を受けやすい場所ががん化しやすいと考えられています。

一般的な、皮膚がんの検査

超音波(エコー)検査
超音波を当てて臓器から返ってくる反射をもとにがんの大きさを調べます。最初に発生したがんの厚みから進行度を予測したり、リンパ節への転移を探したりするのに役立ちます。
CT、MRI検査
治療前に転移や周辺の臓器への広がりを調べるためにはCTやMRIが用いられます。CTはX線、MRIは磁気を使って体の内部を描き出しますが、造影剤を使用する場合はアレルギーが起こることがあるので注意しましょう。
PET検査
放射性フッ素を含む薬剤を注射し、取り込みの分布から全身のがん細胞を調べます。

当院の皮膚がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

皮膚がんのステージ

悪性黒色腫の場合、がんの厚さや転移の様子によって病気が決まります。治療方法は病期にもとづいて決定されます。

皮膚がんの標準治療

① がん摘出手術

皮膚がんの中でも悪性黒色腫は、手術での切除がほとんどです。ただし、悪性黒色腫は目に見えない範囲にまで広がっていることがあるため、再発の危険性が高くなります。そのため、原則として病巣だけでなく、ある程度広範囲まで切除します。この際、傷が大きく縫い合わせることが難しい場合は、皮膚移植が行われることもあります。

② 抗がん剤治療

基本的にがんは手術で取り除かれますが、再発・転移の予防や、リンパ節等に転移したがんを消すために抗がん剤が用いられます。

③ 放射線治療

X線や電子線を照射してがんを小さくする効果が期待できる放射線治療ですが、悪性黒色腫においては一般的な放射線治療はあまり効果が期待できません。速中性子線や重粒子線など特別な放射線が用いられることはありますが、治療が受けられる施設はごくわずかです。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

皮膚がんの先進医療

皮膚がんは、ほくろや傷だと思っているうちに進行していることの多いがんです。想定外のことに驚かれる患者さまは多いのですが、医療は常に進化しています。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ