がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


直腸がんとは

2mほどの長さがある大腸の中でも、肛門に近い20cmほどの部分を直腸といい、ここにできるがんが直腸がんと言われます。大腸がんが増加傾向にある中、直腸がんも増えつつあると言われています。周囲に膀胱や子宮、前立腺などさまざまな臓器に囲まれ、自律神経も集まっているため、がんの正確な把握と慎重な手術が必要となります。

直腸がんの症状・特徴

直腸がんの初期症状でもっとも多いのは肛門からの出血(下血)です。これはがん化してもろくなった腸が、便が通るときに出血することが原因です。痔と勘違いされやすいのですが、一定期間継続すると貧血や、それに伴うめまいや倦怠感が現れることもあります。また、がんが進行して腸の内部が狭くなると便秘と下痢を繰り返したり、便が細くなる症状が現れます。

直腸がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003~2005年に直腸がんと診断された方の5年相対生存率は67.5%でした。

直腸がんの原因

動物性脂肪の摂取量増加、食物繊維の摂取量不足など、食の欧米化と結びつけて考えられることが多いのですが、実は決定的な原因は判明していません。また、大腸がんを発症する方の大半が50歳以上で、発症のピークは60代です。
決して大腸がんに限ったことではありませんが、高齢化社会を迎えた今、相対的に増えているのではないかとも言われています。

一般的な、直腸がんの検査

直腸視診
肛門から指を入れて直腸内に触れ、しこりや異常の有無を調べる検査です。検査前日、腸内にカスが残りにくい検査食を食べておき、当日は肛門からバリウムと空気を注入してX線写真を撮影します。がんの正確な位置や大きさ、腸の狭さなどがわかります。
直腸造影検査
検査前日、腸内にカスが残りにくい検査食を食べておき、当日は肛門からバリウムと空気を注入してX線写真を撮影します。がんの正確な位置や大きさ、腸の狭さなどがわかります。
大腸内視鏡検査
先端にカメラレンズとライトがついた内視鏡を肛門から挿入し、大腸全体を詳細に調べる検査です。異常が見つかった場合は組織を採取してがんの有無を調べます。機器の進化により精密な検査が受けられる病院もあります。
腫瘍マーカー
腫瘍マーカーとは、体のどこかにがんがあると、異常値を示す項目で、血液検査で調べることができます。ただし早期発見はできず、進行がんでも数値には異常が現れないこともあります。
超音波検査
体に超音波を当て、大腸がんと周辺臓器の位置関係やがんの有無を調べる検査です。体への負担が少ないというメリットがあります。
CT、MRI検査
治療前にがんの広がりや転移を調べるためにはCTやMRIが用いられます。CTはX線、MRIは磁気を使って体の内部を描き出しますが、造影剤を使用する場合はアレルギーが起こることがあるので注意しましょう。
PET
放射性のフッ素を含む薬剤を注射することで全身のがん細胞を検出します。超音波やCT、MRIなどでがんの診断が難しい場合や、転移や再発が疑われる場合に用いられることがあります。

当院の直腸がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

マイクロアレイがん検査

世界初の最新技術によって、超早期がんを遺伝子レベルで判定する癌検査(少量の採血で信頼の高い検出率)。早期発見の困難な癌、発症頻度の高い癌、消化器系癌を高精度に判定します。

より詳しく見る

アミノインデックスがん検査

がん患者のアミノ酸バランスが統計的に健康な人と違うことから、がんに罹患している可能性を評価する検査です。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

直腸がんのステージ

直腸がんの病期はがんの大きさではなく、深達度(大腸の壁にどのくらい深く入り込んでいるか)、浸潤(周囲の組織に広がっているか)、リンパ節への転移、肝臓や肺など遠隔臓器への転移によって決められます。

直腸がんの標準治療

直腸がんの治療は、病期によってどのような治療を採用するかが決まります。主に、下記のような流れで治療方針が決定されます。

① がん摘出手術

直腸がんは基本的に、手術によってがんができた腸管とリンパ節を切除する治療法が有効とされています。直腸がんの特徴としては、直腸そのものが神経や筋肉の集まっているところにあるため、筋肉や神経もあわせて切除する可能性があることです。術後の後遺症として、排便や排尿、性機能などに生涯が残ることがあります。進行度によって、神経や筋肉を温存する方法もあります。

② 抗がん剤治療

直腸がんの場合、抗がん剤治療は再発予防のための補助治療と、根治を目指した手術が困難な進行がんの延命やQOL向上を目指して行われています。大腸がんに有効な抗がん剤はいくつか開発されており、副作用に配慮したものもあります。それにより、日常生活を送りながら外来通院し、治療を行う患者さまもいます。

③ 放射線治療

体外からX線を照射してがんを小さくすることを目指す治療です。直腸がんの場合は、再発防止や手術前のがんの縮小、肛門温存などを目指して行われることもあります。また、切除が難しいがんや転移による痛みを緩和するためにも使用されます。副作用についてもよく調べておくと良いでしょう。

④ 内視鏡治療

内視鏡を使って病変を焼き切ったり、病変を剥ぎ取ったりすることでがんを切除する方法です。大腸の粘膜には知覚神経がないため、痛みを感じないというメリットがあります。病変の状態にもよりますが、内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)といった手法が用いられます。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

直腸がんの先進医療

直腸がんは、なかなか人に言えない悩みを抱えることも多いがんです。医療は常に進化しています。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ