がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


前立腺がんとは

前立腺とは精液の一部を作る臓器で、この細胞が無秩序に増殖を繰り返すものが前立腺がんです。進行は比較的ゆっくりですが、精のうや膀胱など近くの臓器に広がる(浸潤)ことも珍しくはありません。リンパ節や骨に転移することが多く、腰痛で病院を受診した際に発見されるケースもよく見られます。また、リンパ節や血液などの流れによってがん細胞が移動し、肺や肝臓などに遠隔転移が見られることもあります。

前立腺がんの症状・特徴

前立腺がんは早期の場合、特に自覚症状はありません。前立腺肥大症が同時に存在する場合、排尿困難や頻尿、下腹部の不快感などがある程度です。昨今では人間ドックで行われる血液検査で異常値を指摘され、受診・早期発見に至る方も多くなってきています。早期に発見すれば治癒は難しくなく、進行した場合でも適切な対処により生活の質を保てるがんであることも特徴のひとつです。

前立腺がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年に前立腺がんと診断された方の5年相対生存率は93.8%でした。

前立腺がんの原因

前立腺がん発生のきっかけは、まだはっきりとわかっているわけではありません。60歳以降で急増することから、ホルモンバランスの変化とする説もあります。遺伝的な要素もあるため、家族に前立腺がんにかかった人がいる場合、発症リスクが高まると言われています。

一般的な、前立腺がんの検査

PSA(前立腺特異抗原検査)
PSA(前立腺特異抗原)とは、前立腺がんを発症すると血液中に増加する物質です。早期発見のためには必須の検査項目と言えるでしょう。ただし、値が正常ながら前立腺がんが見つかるケースもあり、100%前立腺がんを発見できるというものではありません。
直腸診・経直腸的前立腺超音波検査
直腸診は、肛門から指を挿入して前立腺の状態を確認します。経直腸的前立腺超音波検査では、超音波を発信する器具を肛門から挿入し、前立腺の状態を調べる検査です。
前立腺生検
PSAや直腸診、経直腸的前立腺超音波検査で前立腺がんの疑いが強まった場合に行われる検査です。前立腺の組織を採取し、顕微表で検査を行います。
悪性度の診断
生検を行ってがんが認められ場合に悪性の度合いを調べ、治療法の選択が行われます。悪性度については、グリーソンスコアという分類が用いられます。
CT、MRI、骨シンチグラフィー
治療前に転移やがんの広がりを調べるために用いられるのが、X線で体内を描き出すCTです。前立腺のどこにがんがあるか、浸潤していないかを調べるには磁気を使用するMRIが用いられます。骨への転移は、骨シンチグラフィーという検査を用います。

当院の前立腺がんの検査

アミノインデックスがん検査

がん患者のアミノ酸バランスが統計的に健康な人と違うことから、がんに罹患している可能性を評価する検査です。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

前立腺がんのステージ

前立腺がんはがんが前立腺内のみなのか、周辺臓器にも及んでいるか、リンパ節への転移があるか、離れた臓器への転移があるかどうかなどを踏まえて決定されます。


前立腺がんの標準治療

前立腺がんの治療は、病期や年齢、合併症、患者自身の希望などをもとに決定されます。治療方針については、担当者とよく話し合うと良いでしょう。

① 待機療法(PSA監視療法)

前立腺がんは進行が比較的ゆっくりながんなので、生検で前立腺がんと確定されても余命に影響がないと判断されることもあります。その場合、PSAの値を定期的に測定し、治療を行わないのが待機療法です。測定結果をモニタリングし、治療が必要であると判断された場合に、手術などの手段が選ばれます。

② がん摘出手術

がんを切除し、治癒することを目的とする治療です。他の臓器への浸潤や転移が見られず、かつ余命が10年以上あると考えられる場合には、最も治療効果が高いとみなされています。下腹部を切開する豊富、腹腔鏡を入れて切除する方法、陰のうと肛門のあいだを切開する方法などがあります。ほとんどの場合、リンパ節郭清(切除)も同時に行われます。

③ 放射線治療

体外から放射線を当てる外照射法と、放射性物質を体内に埋め込む内照射法があります。転移のない前立腺がんに用いられるほか、骨に転移した際の疼痛緩和、また骨折予防などにも放射線治療が有効です。内照射法は、他に転移が見られず、かつ悪性度が低い場合に効果があるとされています。

④ 内分泌療法(ホルモン療法)

前立腺がんの場合、男性ホルモンの働きを妨げることでがんの進行を遅くすることができるという特徴があります。内分泌療法はそうした性質を利用したもので、転移が見られる際に用いられます。また、年齢や合併症の関係から手術や放射線治療が難しい方い対しても用いられることがあります。具体的には、薬の投与により男性ホルモンの分泌を妨げたり、手術で左右の精巣を摘出したりします。

⑤ 抗がん剤治療

内分泌療法の効果が見られない、また効果がなくなってきた際に用いられます。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

前立腺がんの先進医療

前立腺がんは生存率が高く、早期に適切な治療が行われれば生活の質を落とさずに過ごすことができますが、それでも治療中には少なからぬ副作用が伴います。医療は常に進化しています。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ