がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


咽頭がんとは

咽頭とは鼻の奥から食道までの部分を指す言葉で、鼻腔に近い部分を上咽頭、食道に近い部分を下咽頭、その中間を中咽頭と呼び、部位ごとにがんも分類されます。上咽頭がんは若年層にも多く見られ、中咽頭がんと下咽頭癌は50歳~60歳代での発症が中心となります。

咽頭がんの症状・特徴

上咽頭がんの場合、上咽頭が呼吸や耳の圧を調整する役割を担う部分なので、鼻や耳の異常のほか、目が見えにくくなる、首のリンパ節が腫れるなどの症状が見られます。中咽頭がんの場合は、中咽頭が呼吸や発音、飲み込むといった役割を担う部分なので、食べ物を飲み込むときの違和感や痛み、出血、言葉が不明瞭になる、首のリンパ節が腫れるなどの症状が見られます。下咽頭がんの場合は、下咽頭が飲み込む役割を担う部分なので、食べ物を飲み込むときの違和感や痛み、声がかれるといった症状のほか、首のリンパ節に腫れやしこりが見られることがあります。その他、中咽頭がんと下咽頭がんでは、食道や口内にがんができることがあります。

咽頭がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年に咽頭がんと診断された方の5年相対生存率(口腔がん含む)は54.3%でした。

咽頭がんの原因

上咽頭がんの場合、原因はまだ解明されていない部分が多く残されていますが、遺伝やEBウイルスの関与が濃厚とされています。中咽頭がんと下咽頭がんは喫煙、長期間にわたる過度の飲酒との関連が強いとされています。その他、鉄欠乏性貧血の女性に下咽頭がんが見られることもあります。

一般的な、咽頭がんの検査

視診・触診
視診は鼻や耳、口から器具を差し入れたり、光を当てたりして観察します。触診は口から指を入れ、がんが疑われる部分に触れて大きさやかたさ、広がりを調べます、首の周りに触れ、リンパ節への転移を調べるのも触診です。
内視鏡検査
細い内視鏡を鼻から挿入し、咽頭を観察する検査です。多くは局所麻酔をかけて行われるため、痛みを感じることはほどんどありません。中咽頭がん、下咽頭がんの場合は口から内視鏡を入れ、食道がんの有無も同時に調べます。
生検
局所麻酔後、内視鏡でがんが疑われる組織を切り取り、顕微鏡で調べるという病理検査です。
超音波(エコー)検査
体の表面から超音波を当てて調べる検査です。咽頭がんの場合は頸部にあて、リンパ節への転移の有無、頸部の動脈や静脈など周辺臓器にがんが広がっていないかを調べます。
CT、MRI検査
CTはX線を、MRIは磁気を使用して、治療前に転移やがんの広がりを調べる検査です。造影剤を使う場合はアレルギーの可能性がありますので、医師に相談しましょう。

当院の食道がんの検査

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

咽頭がんのステージ

喉頭がんの病期は、がんがどこまで広がっているかで大きく分類され、さらにリンパ節転移や多臓器への転移を踏まえて決められます。

●咽頭がんのT分類

T1 上咽頭にとどまっている
T2a 中咽頭・鼻腔に広がっている
T2b 咽頭の側方に広がっている
T3 頭蓋骨や副鼻腔(鼻腔の周りの骨にある大小の穴)に広がっている
T4 頭蓋内や下咽頭、眼窩(眼球が入っているくぼみ)に広がっている

●咽頭がんのT分類

※鎖骨の上にあるくぼみ

●中咽頭がんと下咽頭がんのT分類

  中咽頭がん 下咽頭がん
T1 最大径が2cm以下 下咽頭の一部にとどまり、最大径が2cm以下
T2 最大径が2cm以下を超えて4cm以下 隣接部に広がっている、または最大径が2cmを越えて4cm以下で、声帯が動く
T3 最大径が4cm以下を超える 最大径が4cm以下を超える、または声帯が動かない
T4a 咽頭、あごの骨などに広がっている 下咽頭周囲の軟骨や組織、食道に広がっている
T4b 頭蓋骨の方向および頸動脈の周りなどに広がっている 背骨の方向および頸動脈の周りなどに広がっている

●中咽頭がんと下咽頭がんの病期

咽頭がんの標準治療

咽頭がんは、がんができた部位や広がりにより、放射線治療と抗がん剤治療、手術のどれを組み合わせて治療するかが変わります。上咽頭がんの治療では基本的に放射線治療、もしくは放射線治療と抗がん剤治療が中心で、手術は多くありません。中咽頭がんと下咽頭癌の治療では、がんが広がる前は上咽頭がんと同様ですが、広がりが見られる場合は手術が中心となります。

① がん摘出手術

上咽頭がんの治療では放射線治療が中心なので、がんの切除が行われるケースは多くありません。ただ、リンパ節転移が疑われる場合にはリンパ節切除の手術が行われます。中咽頭がんではがんそのものに加え、リンパ節の切除が行われます。下咽頭癌の場合、下咽頭だけでなく食道も切除することもあります。切除する範囲は発声や食事に大きく関連してくる部分ですが、再建手術やリハビリテーションによりQOLを保てるようさまざまな工夫がなされます。

② 抗がん剤治療

食道がんの場合、抗がん剤治療のみでの完治は難しく、放射線治療と並行して行われる化学放射線療法が用いられる場合がほとんどです。副作用は個人差があるため、効果との兼ね合いをみて治療が行われます。

③ 放射線治療

高エネルギーのX線を用いる放射線治療には、治癒を目指して行われる根治照射、痛みや出血を抑える緩和医療があります。体外から照射する方法と、食道内から放射線を照射する方法があります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。
セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

咽頭がんの先進医療

咽頭がんは口腔がん、食道がんが同時にできたり、治療後に時間が経ってからできたりすることがあります。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ