がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


すい臓がんとは

すい臓がんのうち90%はすい管がんと呼ばれるもので、すい液を運ぶすい管の細胞から発症します。早期発見が困難なうえに、発見されたときにはすでに進行していることも多くあります。

すい臓がんの症状・特徴

早期の段階では、特徴的な症状はありません。進行してくると、体が黄色くなったり、尿の色が濃くなったりする黄疸の症状が出ることがあります。これはすい臓がんが胆管を圧迫することが原因で起こりますが、胆石や肝炎が原因の場合もありますので検査で鑑別することが必要です。その他、すい臓がんが原因で糖尿病を発症することもあります。

すい臓がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年にすい臓がんと診断された方の5年相対生存率は7.0%。他の部位のどれよりも低くなっています。すい臓は胃や十二指腸、肝臓、大腸、小腸など様々な臓器の後ろにあるため発見が難しく、発見時にはすでに進行してしまっていることも。進行も早く、手強いがんとされています。

すい臓がんの原因

すい臓がんを引き起こす主要因は、加齢などによる免疫力の低下と、血液の酸素運搬能力低下による低酸素体質化です。リスク要因として、喫煙や飲酒、そして不適切な食事による体内活性酸素の増加や、体内のタンパク質の糖化などが指摘されています。遺伝子に異常が起こり、がん細胞が発生するケースもあげられます。その他、慢性すい炎が原因となるケースもあります。

一般的な、すい臓がんの検査

血管造影検査
足の付け根の動脈から細い管を差し込んで造影剤を入れ、病気の変化を調べる検査です。
内視鏡的逆行性
胆管膵管造影(ERCP)
内視鏡を口から十二指腸に入れ、そこからカテーテルを膵管まで通してX線撮影を行う検査です。膵炎などの合併症を起こすこともあります。
経皮経肝胆道造影(PTC)
肝臓や胆管をX線撮影して行う検査です。黄疸の症状があるときに行われます。脇腹から肝臓を貫き、胆管に針を刺してチューブを挿入し、造影剤を入れて胆管の詰まりを調べます。
超音波内視鏡検査
胃や十二指腸など内蔵からがんが疑われる臓器に超音波を当てて、病変や周囲への広がりを観察する方法です。超音波(エコー)検査よりも精密な観察が可能です。

当院のすい臓がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

マイクロアレイがん検査

世界初の最新技術によって、超早期がんを遺伝子レベルで判定する癌検査(少量の採血で信頼の高い検出率)。早期発見の困難な癌、発症頻度の高い癌、消化器系癌を高精度に判定します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

血管内(血液中)を循環している癌細胞を検出する検査です。

より詳しく見る

アミノインデックスがん検査

がん患者のアミノ酸バランスが統計的に健康な人と違うことから、がんに罹患している可能性を評価する検査です。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

腫瘍マーカー

すい臓がんが作り出す特殊なタンパクを血液検査で測定し、腫瘍の診断や経過観察、治療効果の判定に用います。手術後の経過観察では再発の有無判定にとても有効。

PET検査

すい臓がん発見のために、最近行われることが多くなった検査です。放射性フッ素を負荷したブドウ糖液を注射し、取り込みの様子を撮影して全身のがん細胞を検出します。
※ 提携医療機関にて実施

MR胆管膵管造影(MRCP)

MRIを使用して胆管や膵管の状態を調べる検査です。体への負担が少ないので。内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)の
※ 提携医療機関にて実施

すい臓がんのステージ

すい臓がんはがんの大きさや広がり方、転移の有無により病期が変わります。病期に合わせて治療法が選ばれますが、手術をしてみると術前の診断と病期が異なることもあり、途中から治療方法が変更されることもあります。

すい臓がんの標準治療

すい臓がんの標準治療は大きく分けて3種類です。がんの広がり具合や体調などを検討しながら、一つもしくは組み合わせた治療が行われます。

① がん摘出手術

がんができたすい臓と周辺のリンパ節などを切除するもので、最も治療効果の高い方法です。がんの広がりによって、すい頭十二指腸切除、すい体尾部切除、すい全摘出、バイパス手術が選ばれますが、手術ができるのは肝臓や肺などへの転移がなく、おなかの中や大きな血液にがんが広がっていないことなどといった条件があります。

② 抗がん剤

手術ができないと判断された場合や、再発した場合には抗がん剤による治療が行われます。すい臓がんは抗がん剤がききにくいとされていますが、昨今では有効な薬剤や、疼痛を和らげる抗がん剤も開発が進んでいます。

③ 放射線治療

すい臓のまわりの腫瘍動脈などにがんが広がっている場合は、手術をすることができません。そこで、X線をがんに当てて小さくする狙いを持つのが放射線治療です。抗がん剤と組み合わせて使用されることもあります。手術後に再発予防目的で放射線治療が行われる場合もあります。

④ステント留置術

黄疸がでる場合には、がん細胞によって胆管が塞がり胆汁の流れが遮られている可能性があります。胆管が塞がっている場合、手術や抗がん剤治療を行えない場合があります。ステント留置術は皮膚の表面、または内視鏡を用いて細いチューブなどを胆管に入れて広げる方法です。胆汁の流れが改善されれば、体力が回復し手術や抗がん剤治療を行える可能性があります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

当院でのすい臓がんの先進医療

すい臓がんは進行が早く、患者さまご本人もご家族も、治療方針に迷われることも少なくありません。標準治療に加え、先進医療も併せて検討してみてはいかがでしょうか。当院が、患者様の生活の質を落とさないように、副作用が無く体力を落とさないがん治療で、自然治癒力や免疫を高めながら治療を行うお手伝いができましたら幸いです。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ