がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


肺がんとは

肺がんとは、肺の気管や気管支、肺胞などの細胞ががん化したものです。進行するにつれ、血液やリンパの流れにのって他の臓器に転移します。日本の場合、がんで死亡する原因のトップが肺がんですが、さらに増加傾向にあるという見方もされています。肺がんには腺がんや扁平上皮がん、小細胞がんと大細胞がんの4種類がありますが、治療上では非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2種類に分類されます。肺がん全体のうち、前者が85%、後者が15%を占めます。

肺がんの症状・特徴

肺がんの症状として代表的なものは、咳がしつこく続く、血痰が出る、胸痛がある、といったものです。呼吸時に喘鳴(ぜんめい・ぜいめい。呼吸時にぜいぜいという音がすること)、息切れ、嗄声(させい・声の枯れのこと)発熱、顔や首のむくみなどが挙げられます。ただ、こうした症状は肺がんでない場合に現れることも多く、見過ごされることも少なくありません。また、肺がんであってもこうした症状がほとんど見られないこともあります。

肺がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003~2005年に肺がんと診断された方の5年相対生存率は29.7%でした。

肺がんの原因

肺がんの原因のうち、もっともリスクが高いのは喫煙です。喫煙している年数と、喫煙の量により危険度は増し、喫煙者の肺がん死亡率は非喫煙者の4〜5倍とも言われています。ただ、非喫煙者でも、他人が吸っている煙草の煙を吸う受動喫煙によって肺がんの発症リスクが高まることがわかっています。ほか、大気汚染もリスクを高めるとされています。

一般的な、肺がんの検査

胸部 X線検査
X線を用いて、肺にがんがないかを調べる検査です。肺の末梢に現れる早期の肺がんを発見するのに役立っています。
喀痰細胞診
痰を検査することで、がんから剥がれ落ちてきたがん細胞を調べる検査です。がんができている部位によっては、この検査では検出しにくい場合もあります。
胸部CT検査
X線を使う検査ですが、体を横断する形で体の内部を描き出します。X線検査よりも詳細な検査ができるため、肺がんの診断を行うに当たっては欠かせない検査です。造影剤を使用する場合はアレルギーの可能性があります。
腫瘍マーカー
肺がんが作り出す特徴的な物質を血液から測定する検査です。がんの性質、また広がりを知るための目安として用いられます。がんがあっても腫瘍マーカー検査では異常が出ないこともあり、がんの有無は確定できません。
気管支鏡検査
痰を検査することで、がんから剥がれ落ちてきたがん細胞を調べる検査です。がんができている部位によっては、この検査では検出しにくい場合もあります。
胸水の検査
胸水穿刺細胞診と呼ばれるものです。胸に水がたまっている状態のとき、肺の外にたまった水を抜いてがん細胞があるかどうかを調べます。
経皮的肺穿刺・生検
X線や超音波、CTで確認しながら皮膚の上から肺に細い針を刺し、組織を採取して検査を行う方法です。喀痰細胞診や気管支鏡検査で診断ができない場合に用いられます。
胸腔鏡検査
縦隔鏡検査
開胸肺生検
いずれも皮膚や胸を切開し、がんが疑われる組織の一部を採取して検査を行うものです。いずれも全身麻酔を必要とします。
その他の検査
がんの広がりを調べるため、さまざまな検査が行われることがあります。肺がんの場合は、脳のMRI検査、腹部CTおよび超音波検査、骨シンチグラフィー、PETなどの検査が代表的です。

当院の肺がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

肺がんのステージ

肺がんの病期はがんの大きさや広がりによってT分類という分け方をされ、さらにその部位に転移が見られるかによって病期が決められます。治療方針は病期により決められますが、手術の際に新たな転移が見られた場合、変更されることもあります。

【 T分類 】

T1a 腫瘍の最大径が2cm以下
T1b 腫瘍の最大径が2cmを超え3cm以下
T2a 腫瘍の最大径が3cmを超え5cm以下、あるいは3cm以下で臓側胸膜浸潤がある
T2b 腫瘍の最大径が5cmを超え7cm以下
T3 腫瘍の最大径が7cmを超え、胸壁・胸膜・横隔膜・心膜などに広がっている、または主気管支への広がりが気管分岐部から2未満
T4 縦隔・心臓・大血管・気管などへの広がりがある

【 病期 】

肺がんの標準治療

① がん摘出手術

肺の一部を切除する治療法で、がんの治療効果が高い方法です。ただ切除する範囲の大きさによっては息切れなどが起こることがあり、呼吸機能が保たれると判断される場合に行われます。肺の葉を1〜2つ切除する場合、片方の肺すべてを切除する場合など、がんの広がりによって切除する範囲はさまざまです。また、ほとんどの場合、リンパ節郭清(リンパ節を切除すること)が行われます。

② 抗がん剤治療

抗がん剤治療が中心になるのは小細胞肺がんです。非小細胞肺がんの場合は抗がん剤治療が単独で用いられることもありますが、病期に応じて手術や放射線治療など、他の治療法を組み合わせて治療が行われることもあります。

③ 放射線治療

高エネルギーのX線を照射する治療法で、抗がん剤治療と同時に行う化学放射線治療として用いられることもあります。特殊な肺炎や食道炎、皮膚炎などの副作用が見られる場合がありますが、症状を和らげる治療があわせて行われ、2〜4週程度で改善するケースがほとんどです。小細胞肺がんの場合は、がんが完全に消失した場合に脳に放射線を照射することがあります。これは脳への転移を防ぐためで、予防的全脳照射といいます。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

肺がんの先進医療

肺がんはがんの死亡理由においてトップとなっていますが、医療は常に進化しています。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ