がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


肝臓がんとは

肝臓にできるがんは、大きく分けて2つです。ひとつは肝臓にできる、原発性肝がん。もうひとつが、他の臓器にできたがんから転移した転移肝がんです。原発性肝がんにはいくつか種類がありますが、日本では9割が、肝臓の細胞ががんになる肝細胞がんです。

肝臓がんの症状・特徴

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、健康診断や他の病気の検査をした際に発見されることがたびたびあります。
進行してくると、腹部のしこりや圧迫感、痛みを感じる人もいます。がんは破裂することもあり、その場合は激しい腹痛や血圧低下を伴います

肝臓がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年に肝臓がんと診断された方の5年相対生存率は27.9%でした。

肝臓がんの原因

肝臓がんを引き起こす主要因は加齢などによる免疫力の低下と、血液の酸素運搬能力低下による低酸素体質化です。リスク要因として、喫煙や不適切な食事による体内活性酸素の増加や、体内のタンパク質の糖化などが指摘されています。遺伝子に異常が起こり、がん細胞が発生するケースもあげられます。
肝臓がんに限っていえば、その多くは肝炎ウイルス(C型、B型)の感染が引き起こす慢性肝炎や肝硬変がベースにあります。C型肝炎ウイルスにょる肝がんは約70%にものぼります。C型、B型ウイルスに感染している人は、現時点で肝炎を発症していなくても、定期的に検査を受ける必要があります。C型肝炎ウイルスなら、インターフェロンに代表される抗ウイルス療法もがんのリスクを減らしてくれます。
ほか、アルコールの摂りすぎも発ガンのリスク要因となります。

一般的な、肝臓がんの検査

超音波(エコー)検査
超音波を当てて臓器から返ってくる反射をもとにがんの大きさや個数、広がりなどを調べる検査。体への負担が少なく、手間もかからないのが長所です。ただし、部位によっては見えにくいこともあります。
腫瘍マーカー
体のどこにがんがあるかの目安をつけることができる血液の検査です。ただしがんではない肝炎や肝硬変で陽性になったり、肝臓がんでも陰性になることがあるので、画像による診断も行うのが一般的です。
CT、MRI検査
治療前にがんの広がりや転移を調べるためにはCTやMRIが用いられます。CTはX線、MRIは磁気を使って体の内部を描き出しますが、造影剤を使用する場合はアレルギーが起こることがあるので注意しましょう。

当院の肝臓がんの検査

アミノインデックスがん検査

がん患者のアミノ酸バランスが統計的に健康な人と違うことから、がんに罹患している可能性を評価する検査です。

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

マイクロアレイがん検査

世界初の最新技術によって、超早期がんを遺伝子レベルで判定する癌検査(少量の採血で信頼の高い検出率)。早期発見の困難な癌、発症頻度の高い癌、消化器系癌を高精度に判定します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

血管内(血液中)を循環している癌細胞を検出する検査です。

より詳しく見る

肝臓がんのステージ

肝臓がんの病期は、がんの大きさや個数、がん細胞が肝臓内のみか、またリンパ節や他の臓器まで広がっているかによって変わります。それぞれに合わせた治療が洗濯されます。

肝臓がんの標準治療

肝臓がんの患者さまは、その多くががんと同時に、慢性肝疾患

① がん摘出手術

がんと、周辺の肝臓を取り除く治療です。がんの位置や大きさ、数のほか、肝機能によっても可能かどうかが変わります。肝機能が衰えている場合、切除しても肝不全を起こす危険性があるため、手術できない場合もあります。転移がない場合には、すべて摘出して肝移植を行う治療法もあります。

② 局所療法(穿刺療法)

体外から針を刺し、がんを治療する療法です。がんの大きさや個数に制限はありますが、手術よりも体への負担が少ないことが特徴です。副作用も少なく、社会復帰にかかる時間も少なくて済みます。経皮的エタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法などがあります。

③ 肝動脈塞栓術、肝動注化学療法

肝動脈塞栓術は、がんに血液を送っている血管をふさぐ治療です。がんの個数に左右されずに治療を行うことができ、別の治療とも併用できるなど利便性が高い点が注目されています。治療効果を高めるため、抗がん剤と造影剤を混ぜ、カテーテルを通じて投与する肝動注化学療法が併用されることもあります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

肝臓がんの先進医療

以前に比べて治りやすくなったとはいえ、患者さんにとって一定の苦痛が続くことにかわりはありません。医療は常に進化しています。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ