がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


食道がんとは

食道がんは食道に発生するがんで、大きく分けて扁平上皮がんと腺がんの2種類に分けられます。扁平上皮がんは、食道の内側を覆う粘膜の表面にある粘膜上皮から発生するものです。一方、腺がんは食道の下部、つまり胃の近くに発生するがんです。腺がんは、欧米で増加傾向にあります。日本では現在、食道がんの1/4程度が食道の下部に発生していますが、今後増加していくことが予測されています。

食道がんの症状・特徴

食道がんは進行してくると、食べ物を飲み込んだときに違和感が生じることがあります。胸の奥が痛んだり、熱い食べ物がしみたり、食べ物がつかえたりする感覚が続くようなら、食道がんを疑ってみても良いかもしれません。ほか、胸や背中が痛む、特にダイエットをしていないのに痩せてくる、タンに血が混ざる、声がかすれるなどの症状が出ることもあります。ただ、食道がんでも初期の場合は自覚症状がないことも多く、全食道がんのうち約20%程度が健康診断等や人間ドックで発見されます。

食道がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003〜2005年に食道がんと診断された方の5年相対生存率は33.7%でした。

食道がんの原因

食道がんの原因として挙げられているのは、喫煙や大量の飲酒です。熱い飲み物・食べ物を好んで食べることもリスクを高めるとされます。特に食道の粘膜上皮にできる扁平上皮がんは、この傾向が高くなります。肥満や、胃・食道逆流症(胃液や食べ物が食道に逆流する症状)の場合は、腺がんのリスクが高まります。

一般的な、食道がんの検査

食道造影検査(X線検査)
バリウムを飲み、食道をX線で撮影します。がんの大きさ、場所、食道がどのくらい狭くなっているかなどの全体像を確認します。
内視鏡検査
内視鏡を食道に入れ、粘膜や病変を観察します。病変の数や位置、色調、広がり、表面に凹凸があるかどうか、といった観点からがんの進行度を確認します。がんが疑われる場所の組織を採取し、がん細胞の有無や種類を調べる病理検査で食道がんと確定診断されます。
CT、MRI検査
CTはX線を、MRIは磁気を使用して、治療前に転移やがんの広がりを調べる検査です。造影剤を使う場合はアレルギーの可能性がありますので、医師に相談しましょう。
超音波内視鏡検査
超音波つきの内視鏡を用いて、がんの深さやリンパ節に転移しているかどうかを調べます。
超音波(エコー)検査
食道がんの場合は腹部で肝臓や腹部リンパ節へのがんの転移を、頸部で頸部リンパ節への転移を調べます。頸部食道がんと診断された場合は、がんだけでなく気管、甲状腺、頸静脈など周辺臓器も同時に調べます。
腫瘍マーカー断
血液検査にて、食道がんができると異常値を示す項目を調べるものです。進行がんの動きは調べるためにも用います。ただし、食道がんがあっても数値に現れないことも多く、必ずしも100%発見できるわけではありません。
PET
放射性ブドウ糖液を注射し、体内にどう取り込まれるかを撮影することでがん細胞を調べる検査です。他の検査で、がんの転移や再発が確定できない場合に行われることがあります。

当院の食道がんの検査

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

ごく初期の段階で病巣が1.2mm大を越えるとがん細胞は血管内に侵入し、血液中を循環します。この血液中のがんの有無を採血のみで高精度に判定する検査です。

より詳しく見る

食道がんのステージ

食道がんの病期は、がんの広がり、リンパ節への転移の有無、他の臓器への転移の有無で決定され、これをTNM分類といいます。

食道がんの標準治療

食道がんは病期に基づいて治療法が決められますが、患者さんの年齢や合併症、希望なども考慮されます。担当医とよく話し、納得のいく治療法を選択しましょう。

① がん摘出手術

食道がんの治療としては、もっとも一般的です。がんと一緒にリンパ節や周辺組織を切除するリンパ節郭清が行われます。がんが食道のどこにできるかで手術の方法が異なり、切除した食道の代わりには胃や腸を使って食道を再建します。
術後は食べ物を消化する部分がこれまでと異なるため、食事の回数を増やして一度に食べる量を減らすなどの工夫が必要となります。また、縫合部が狭くなった場合は食道拡張術が行われることもあります。

② 抗がん剤治療

食道がんの場合、抗がん剤治療のみでの完治は難しく、放射線治療と並行して行われる化学放射線療法が用いられる場合がほとんどです。副作用は個人差があるため、効果との兼ね合いをみて治療が行われます。

③ 放射線治療

高エネルギーのX線を用いる放射線治療には、治癒を目指して行われる根治照射、痛みや出血を抑える緩和医療があります。体外から照射する方法と、食道内から放射線を照射する方法があります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。
セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

食道がんの先進医療

食道がんは日々の生活習慣が大きく影響するがんです。それまで親しんできた習慣が大きく損なわれる病気でもあり、QOLの低下がもたらすストレスも非常に大きなものとなります。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ