がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


膀胱がんとは

膀胱がんは膀胱にできるがんで、男性に多く、特に60歳代以降によく見られます。がんのタイプは大きく3つに分けることができます。まず、上皮内がんは、最表層の上皮内にがん細胞が留まっている早期の状態です。この段階でがんが広がったり、転移していることはほとんどありません。
表在性膀胱がんは移行上皮から発生し、軽度の浸潤があるが筋層には達していない、すなわち膀胱の表面のみに留まっている状態のがんです。浸潤性膀胱がんは、膀胱筋層まで広がったがんで、血管やリンパ管に侵入して遠隔転移しやすいのが特徴です。

膀胱がんの症状・特徴

膀胱がんの場合、初期症状に多く見られるのが血尿です。排尿時の痛み、下腹部の痛みは膀胱炎とよく似ていますが、膀胱炎が抗生物質の服用で治るのに対し、膀胱がんの場合はなかなか治りません。がんの広がりによって、背中に鈍い痛みが現れることもあります。

膀胱がんの生存率

国立がん研究センターがん対策情報センターによれば、2003~2005年に膀胱がんと診断された方の5年相対生存率は73.5%でした

膀胱がんの原因

はっきりとした原因は解明されていませんが、膀胱がんは喫煙によってリスクが高まることがよく知られています。また、膀胱の中に結石ができている人は、長期間にわたって結石による刺激を受ける中で、がんのリスクが高まると言われています。特定の染料や化学薬品を扱う職種で発生リスクが高まることも指摘されています。

一般的な、膀胱がんの検査

膀胱鏡検査(内視鏡検査)
膀胱がんのほとんどは膀胱鏡検査により診断できます。先端にライトとカメラがついた細い管を尿道から膀胱に入れ、がんの有無を確認します。
尿細胞診検査
尿の中の細胞を検査し、がん細胞が出ていないかを調べる検査です。ただ、尿細胞診の結果が陰性の場合でも膀胱がんを発症しているケースもあります。
腹部超音波(エコー)検査
膀胱がんの中には、表面が隆起しているものがあります。そうしたタイプの場合、超音波を用いた検査で診断を行うことができます。
CT、MRI、骨シンチグラフィー
治療前に転移やがんの広がりを調べるために用いられるのが、X線で体内を描き出すCTです。磁気を使用するMRIが用いられることがあります。骨への転移は、骨シンチグラフィーという検査を用います。ただ、表在性膀胱がんの場合は転移の可能性が少ないため、全身の転移までは調べる必要はないとされています。
排泄性腎盂造影(DIP)
膀胱がんが見つかった際、そのうち約5%の方には腎盂や尿管にもがんが見つかります。それを調べるのが排泄性腎盂造影と呼ばれる検査で、造影剤を点滴して行われます。造影剤はアレルギーを起こす可能性があるため、不安のある方は担当医に相談すると良いでしょう。
膀胱粘膜生検
膀胱がんであると最終的に確定するためには、膀胱粘膜生検が必要となります。病変部を切除して組織を採取し、顕微鏡で調べます。表在性の癌の場合は生検と治療を同時に行うことも可能です。

当院の膀胱がんの検査

がん遺伝子検査

少量の血液だけでPET、MRIなどでも発見できない微小癌を遺伝子検査で検出し、癌になる前の段階、すなわち前癌病変も遺伝子異常として検出します。

より詳しく見る

CTC(末梢循環腫瘍)検査

がんの極く初期の段階、すなわち病巣が1.2mm大を越えると、がん細胞は血管内に侵入し、血液中をがん細胞が循環しますので、採血のみで高精度にがんの有無を判定します

より詳しく見る

免疫年齢検査

免疫は40歳以降に低下し、癌の発症や、感染症の増加につながる。あらかじめ自分の免疫能を知ることで、免疫強化などの対処が可能になります。

より詳しく見る

活性酸素検査 FRAS4

病気や老化のほとんどは活性酸素が原因。そこで酸化ストレスと抗酸化力を測定し、その結果によりサプリメントや点滴で治療対策を立てていきます。

より詳しく見る

膀胱がんのステージ

膀胱がんの病期は、画像診断と膀胱粘膜生検によって決定されます。症状の重さについては、がんの深さや転移の有無によって決定されます。

膀胱がんの標準治療

膀胱がんの治療は、病期と異型度に基づいて治療方針が決定されます。手術をはじめ、放射線治療や抗がん剤治療など、さまざまな治療があります。担当医とよく相談し、納得のいく治療法を選ぶようにしましょう。

① がん摘出手術

転移が見られない場合、基本的に選択されるのが手術です。表在性の膀胱がんには、尿道から切除用膀胱鏡を挿入し、内視鏡で確認しながらがんを切除します。浸潤性の膀胱がんの場合、膀胱とリンパ節、隣接する臓器を摘出する膀胱全摘除術が選択されます。性機能に影響が出るため、担当医と十分に話し合って決定する必要があります。

② 尿路変更術

膀胱を失った後、尿をためておく場所を作る手術です。小腸の一部に尿管をつなぎ、腹部に尿の出口(ストーマ)を作る回腸導管造設術、排尿昨日を残す自排尿型新膀胱造設術、人工的に膀胱を作り、定期的に自分で排尿を行う導尿型新膀胱造設術、尿道を切断して皮膚に縫い付け、ストーマをつける尿管皮膚瘻造設術などの手法があります。いずれも、生活の質に大きく関わってくるので、担当医とよく話し合って決定しましょう。

③ 放射線治療

高エネルギーのX線を照射する治療法で、痛みを緩和したり、転移したがんに対して用いたりします。基本的に浸潤性がんに対して用いられますが、膀胱の摘出を望まない場合には抗がん剤と組み合わせる形で放射線治療が用いられることもあります。また、手術が不可能な場合にも放射線治療が採用されます。

④ 抗がん剤治療

リンパ節や多臓器への転移が認められる場合は抗がん剤による治療が行われます。単位がない場合でも、膀胱筋層を越えてがんの広がりが認められる場合は、遠隔転移や再発予防のために抗がん剤治療を組み合わせるケースがあります。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、病気について担当医以外の医師の意見を聞くことを意味する言葉です。医療業界においては一般的なことですので、担当医との関係悪化を恐れる必要はありません。セカンドオピニオンを聞きたい意思を示し、紹介状やデータをもらうと良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞く際は、医師がきちんとリードしてくれるはずですが、現在の診断の内容、治療方針、その他の治療方法の3点は、納得のいくまで質問すると良いでしょう。

膀胱がんの先進医療

膀胱がんは、術後の生活の質に大きな変化が起こるケースが多いがんです。標準治療とあわせて、科学的な根拠をもとに解明された「がんの原因」を根本的に解決する先進治療には、どのようなものがあるでしょうか。副作用や再発・転移などのご不安を抱える方も、ぜひご覧になってみてください。患者さまがQOLを保ち、心身ともに余裕をもってがんと向き合えるよう、当院がお力になります。

わたしのがん治療 詳しい内容はこちら
わたしのがん治療
標準治療にプラスする先進医療。
患者さま一人ひとりの症状にあわせた
複合プランが「個別化治療」です。

わたしのがん治療ページへの入り口

ページトップへ